アルフレッド・アドラー

人物・団体ページへ

なぜ心は病むのか いつも不安なひとの心理

アルフレッド・アドラー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784877232429
ISBN 10 : 4877232427
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
269p;19

内容詳細

自殺願望、統合失調、躁うつ病、アルコール依存症。ケーススタディから探る「神経症というもの」。アドラーの名著『Problems of Neurosis』邦訳。

目次 : 第1章 心の不安は、どこからくるのか/ 第2章 人は、なぜ統合失調症になるのか/ 第3章 母親は、子どもの心にどう影響するのか/ 第4章 結婚は、心にどう影響するのか/ 第5章 心は身体に、なにを引き起こすのか/ 第6章 人は、なぜうつ病になるのか/ 第7章 一人っ子、第1子、第2子、それぞれ、どう成長するのか/ 第8章 甘やかされた子どもは、どうなるのか/ 第9章 精神障害は、なにを引き起こすのか/ 第10章 心は、仕事にどう影響するのか/ 第11章 夢の中で、なにが起こっているのか

【著者紹介】
アルフレッド・アドラー : 1870年‐1937年。オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。フロイトおよびユングとともに現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立し、個人心理学を創始した。実践的な心理学は、多くの人々の共感を呼び、アドラーリバイバルともいうべき流行を生んでいる

長谷川早苗 : 独日翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヒデミン@もも さん

    アドラーの偉大さがわかる。

  • ゆきらぱ さん

    アドラー、1870年生まれの精神科医。内容は確かに古いのかもしれないが、納得のいくところが多く、参考になった。というより今年やや心が不調だった私にとっては救いになった。名訳にも感謝。

  • ヒ力リ さん

    なぜ他者の存在が気になるのか。

  • しなもん さん

    不安神経症というのは、いつも人生の3つの課題に対する臆病な態度の表れ。広場恐怖症、不安神経症などのすべての恐怖症は、敗北からの不安から生まれる。山登りというのは、人生の重荷をやたらと強く感じている人が優越感を得るためによく使う手段。

  • Takahiro さん

    いつも「心に不安を抱えている人」に共通の体験とは。不安神経症の原因とその解消法。嫌われる勇気を読んで以来のアドラー心理学の本。自分のこと、自分の周りの人のこと。少し退屈な本だけど勉強になった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品