ちいさなあなたへ 主婦の友はじめてブックシリーズ

アリスン・マギー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784072559932
ISBN 10 : 4072559938
フォーマット
出版社
発行年月
2008年04月
日本
追加情報
:
20×21cm,40p

内容詳細

母であることのすべてがつまった絵本。親でいることの喜び、不安、苦しみ、寂しさ――普遍の真実がシンプルな言葉で語りつくされる。米国中の母親を号泣させた話題のベストセラー。


「あのひ、わたしは あなたの ちいさな ゆびを かぞえ、 その いっぽん いっぽんに キスを した」ではじまるこの絵本には、母であることのすべてがつまっています。親でいることの喜び、不安、苦しみ、つらさ、寂しさ、子どもへの思い――普遍の真実が、あたたかな絵とシンプルな言葉で語りつくされ、読む人たちの涙をさそいます。だれもが一生の宝物にしたくなるような絵本です。


今年の春、アメリカで発売されるや、アメリカじゅうの母親を号泣させ、NYタイムズやAMAZONの児童書分野で、ハリー・ポッターをおしのけて1位の座を獲得しました。母親や、これから母になろうとしている女性、巣立とうとしている子どもたち……それぞれがそれぞれの読みかたをできて、それぞれの感動を味わえます。2007年一番の話題の絵本が、ついに日本上陸です!



【著者紹介】
アリスン・マギー : 児童書作家。“Rainlight”でミネソタ・ブック・アワード受賞、“Shadow Baby”でピューリッツアー賞にノミネートされるなど、高い評価をえた作品を発表しつづけている。メトロポリタン州立大学で創作を教えている。ミネソタ州在住

ピーター・レイノルズ : 絵本作家、イラストレーター。『てん』(あすなろ書房)イラストを担当した『ジュディ・モード』シリーズ(小峰書店)など、作品は多数。米国マサチューセッツ州在住

なかがわちひろ : 創作絵本や海外絵本の翻訳など、児童書のさまざまな分野で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アサガオ先生 さん

    「幼い私の手を握って、迷子にならないように、いつも手を放さずにいてくれた母◇いつまで経っても外へ出ようとしない私を、伯父さんにあずけ、私はいつの間にか、『野球少年』になっていたあの日が懐かしい◇毎日が楽しかった◇時が経ち、私は『苛め』にあった。だけど、私を見上げ、愛してくれる母に『知られたくなかった』『ずっと耐えていた』◇そして母は、死を覚悟していた私より先に、突然病気で死んでしまった。涙が止まらなかった。愛する者を失う苦しみを生まれて初めて知った。だからこそ、私は死ぬことをやめて→2ページ目へ

  • 匠 さん

    この絵本は、小さな子どもが読むためのものじゃなく、「親になった、かつての赤ちゃん」が読むほうが断然・・深く実感できて感動できると思う。母親になったばかりの不安と喜び、希望や幸せ。そしてわが子が段々と大きくなるにつれて感じる痛みやせつなさ。親の愛とはこういうものなのだと嫌味なく伝えようとしている。でもそこで終わらないのがすごくいい。世代を越えてつながっていく命の絆、そして愛情。やさしいタッチの絵もふんわりした読み心地にぴったり。

  • らったった さん

    心が温かくなりました。人は日々、成長していくから。子供を授かった頃、また読み返したいです(*^^*)

  • サク さん

    私は、中学校の教師だ。これまでに、この絵本を活用して道徳の授業を何度かしてきた。子供の頃、自分の悩みが多すぎて自分の事で精一杯だった。親に『いっぱい』文句を言った。意見よりただ寄り添ってほしかった。多くの壁にぶつかった。苦しかった。でも、子供が出来て大きくなって、今になってあの時の親の気持ちを理解した。感謝の気持ちが溢れて涙でいっぱいになる。私は、絵本をより深い理解させるために、絵本『おおきなあな』を活用し二つを掛け合わせて人物相関図を作り、考えさせる授業をした。その一場面が浮かぶ。→2ページ目へ

  • greenish 🌿 さん

    今母の人、これから母になる人、かつて子どもだった人…。それぞれの人が、それぞれの慈しみを感じる日記のような愛の絵本  ---春の花々を摘みながら微笑んでいてくれた人、夏のまぶしい陽射しのなか一緒に駆けてくれた人、秋の夕日を眺めながら背中をさすってくれた人、冬の身を切るような風をさえぎるようにそっとマフラーで包んでくれた人…。いついかなる時も見守ってくれていた、母の私を想うために綴った日記をこっそり覗き見るような、そんな気持ちで頁を繰りました。すべてのお母さんとその子どもたちへ…贈り物にしたい一冊でした。↓

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品