麻薬と紛争 麻薬の戦略地政学

アランラブルース

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784916037428
ISBN 10 : 4916037421
フォーマット
出版社
発行年月
2002年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,189p

内容詳細

目次 : 序論 地政学から戦略地政学へ/ 第1章 麻薬地政学の起源/ 第2章 麻薬と紛争/ 第3章 ビルマの麻薬地政学と麻薬戦略地政学/ 第4章 アマゾンと黄金の三日月諸国戦争におけるコカインとヘロイン/ 第5章 バルカン、コーカサス、および中央アジアの「新しい紛争」における麻薬/ 第6章 南北関係と麻薬/ 第7章 国内地政学、犯罪組織と麻薬国家

【著者紹介】
アランラブルース : 麻薬社会学の専門家で、世界の麻薬ネットワークに対する対抗ネットワークの麻薬地政学監視機構(OGD)の創設者である

ミッシェルクトゥジス : 民族学者で「麻薬世界地図」の執筆者として有名であり、バルカン・コーカサス地帯の麻薬状況に詳しい

浦野起央 : 昭和30年日本大学法学部卒業。政治学博士。現在、日本大学法学部教授。日本アフリカ学会理事、日本国際政治学会理事、アジア政経学会理事、国際法学会理事歴任、現日本平和学会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ルヴナン さん

    麻薬の産み出す非合法ネットワークは、そのまま兵器の流通ネットワークになリ、その途上で混乱と悲劇を撒き散らす。麻薬は紛争を呼び、紛争は麻薬を呼び込む。阿片戦争は過去ではなく現在だ。国際工作に麻薬は[使える]し[使われている]。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アランラブルース

麻薬社会学の専門家で、世界の麻薬ネットワークに対する対抗ネットワークの麻薬地政学監視機構(OGD)の創設者である

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品