アネット・J・ドブソン

人物・団体ページへ

一般化線形モデル入門

アネット・J・ドブソン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784320018679
ISBN 10 : 4320018672
フォーマット
出版社
発行年月
2008年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,264p

内容詳細

一般化線形モデルの当てはめという視点で、各種の統計手法に関する推定・検定を統一的にわかりやすく解説。近年、研究の進んだ最新の統計手法までを含む形に大幅な増補・拡充がなされた新版の翻訳。

【著者紹介】
田中豊 : 1962年東京大学工学部応用物理学科卒業。現在、南山大学数理情報学部教授・理学博士

森川敏彦 : 1970年東京大学工学部計数工学科卒業。元久留米大学教授・数理学博士

山中竹春 : 1998年早稲田大学理工学部数学科卒業。現在、国立病院九州がんセンター室長・理学博士

冨田誠 : 2001年岡山大学大学院自然科学研究科修了。現在、南山大学数理情報学部専任講師・博士(理学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ryosuke_okubo さん

    輪読会の課題本. 本書を読み進めるには, とにかく数式慣れが必要. とはいえ話の流れがわかると案外シンプルに感じるかもしれない.

  • Chris さん

    一般化線形モデル(GLM)の(医療)データへの適用方法について非常に丁寧に書かれている本です。初めの5章で統計学の復習+GLMの理論の紹介があり、6章から11章で実際のデータへの適用方法が紹介されています。著者のDobsonが医療統計の研究者なので適用例が偏ってはいますがGLMを使う状況での一般的な問題点などを扱っていて他の分野への応用も容易に想像できるよう配慮されています。実験計画やパネルデータ分析、生物統計など幅広い分野の人におすすめできる本です。

  • 葉 さん

    ミクロ・マクロ経済学系かなと思ったが、統計学の内容だった。クラスターデータと経時データは今後使う可能性がある。ロジスティック回帰モデルはしっかり復習しないとロジット関数を理解できないと感じた。正規分布・一様分布、密度関数などに、ついても詳しく載っている。もう少し統計学の知識を付けたら購入を検討する。

  • Hidenori Takahashi さん

    原理から解説するので、統計学の学生が輪読とかするには持ってこいだが、片手間で読むにはしんどい。

  • saru さん

    難しい

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品