アストリッド・リンドグレーン

人物・団体ページへ

やかまし村はいつもにぎやか リンドグレーン・コレクション

アストリッド・リンドグレーン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784001157369
ISBN 10 : 4001157365
フォーマット
出版社
発行年月
2020年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
198p;19

内容詳細

9歳になったリーサ。からかってばかりの男の子たちには負けません。つばとばし競争、生まれたてのヒツジのお世話、湖のほとりでのキャンプ。おなじみ元気な6人組にかかれば、どんなことでも大ぼうけんに!自然いっぱいのやかまし村に、みんなのわらい声がこだまします。シリーズ第3作、とびきりゆかいな完結編。

【著者紹介】
アストリッド・リンドグレーン : 1907‐2002。スウェーデンのスモーランド地方生まれ。1945年に刊行された『長くつ下のピッピ』で子どもたちの心をつかむ。その後児童書の編集者を続けながら数多くの作品を生み出し、全世界100か国以上で読み継がれている。没年、スウェーデン政府によりその功績を記念して「アストリッド・リンドグレーン記念文学賞」が設立される

イングリッド・ヴァン・ニイマン : 1916‐1959。デンマークのユトランド半島生まれ。1945年『長くつ下のピッピ』のイラストで成功をおさめ、絵本や児童書の挿絵を数多く手掛ける

石井登志子 : 同志社大学卒業。『おもしろ荘の子どもたち』(岩波書店)、『決定版長くつ下のピッピの本』(徳間書店)などのリンドグレーン作品や、ベスコフの絵本『おひさまのたまご』(徳間書店)、『おりこうなアニカ』(福音館書店)などの翻訳を数多く手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • aosora さん

    隣り合う3軒の家に住む6人の子供達。男女のゴタゴタはあるけれど、みんな楽しくやっている。おじいちゃんを大事にしたり、動物を大切に育てたり、秘密基地を作ったり。ドキドキワクワクが伝わってきます。こんな子供時代を過ごせたら最高だろうなぁ。学校が遠過ぎる事を除けば。

  • とりみ さん

    やかまし村シリーズ第3年作 完結編。さびしいな。夏至まつりの様子や サンランボの実をとったり 楽しそう。サンランボを乾かし フルーツスープというデザートがあるのね。美味しそう。

  • 檸檬 さん

    小学校の時読んだので、懐かしくて手に取った。多分同級生から聞いて読み始めたかと思う。今読むと、楽しそうな生活だなと思うが、それほどこの本大好きとはならなかった。さて、ツバメ号を読んでみようか?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アストリッド・リンドグレーン

1907‐2002。スウェーデンのスモーランド地方生まれ。1945年刊行の『長くつ下のピッピ』で子どもたちの心をつかみ、数多くの作品を生み出す。その作品は全世界100か国以上で読み継がれている。没年、「アストリッド・リンドグレーン記念文学賞」が設立、2005年には、原稿や書簡類がユネスコの「世界の記

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品