デッドエンドの思い出

よしもとばなな

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163220109
ISBN 10 : 4163220100
フォーマット
出版社
発行年月
2003年07月
日本
追加情報
:
20cm,229p

商品説明

人の心の中にはどれだけの宝物が眠っているのだろうか―。つらくて、切なくても、時の流れのなかでいきいきと輝いてくる一瞬を鮮やかに描いた5つのラブストーリー。

内容詳細

人の心の中にはどれだけの宝物が眠っているのだろうか―。つらくて、切なくても、時の流れのなかでいきいきと輝いてくる一瞬を鮮やかに描いた5つのラブストーリー。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
人との「縁」とか、「辛さや切なさ」という...

投稿日:2006/11/02 (木)

人との「縁」とか、「辛さや切なさ」というのは、きっと何か必要なものなんでしょうね・・・。読んだ後は、ちょっぴり胸が痛いけど、それ以上に清々しい気分。

睡蓮 さん | 宮崎県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ❁かな❁しばらくお休みします。 さん

    よしもとばななさんの小説を読むのは学生の時以来かも知れません。ばななさんらしいなぁと懐かしかったです。辛くて切ない内容ですが読んでいて静かに温かい気持ちになりました♪忘れられない、かけがえのない瞬間を描いたような5編からなる短編集です。私は一番『幽霊の家』が好きです!それから『おかあさーん!』『デッドエンドの思い出』も良かったです!ご自身があとがきで「この中で『デッドエンドの思い出』がこれまでに書いた自分の作品の中で、いちばん好きです。これが書けたので小説家になってよかったと思いました。」との事でした!

  • Ayumi さん

    一般的に誰にでも受け入れられるタイプではない、でも自分の中に確固たるものを持っている、そんな女性たちの短編集。万人受けしなくとも、必ず自分と波長が合う人はいるんだなと。寂しさも感じられる反面、大丈夫大丈夫なんとかやっていけるよと、背中をそっと押してもらった気がします。

  • おかむー さん

    激しくいまさらながらよしもとばなな初読み。平均的なよしもと作品がどういうものかわからないけれど、これはいい感じでしたよ。『よくできました』。5編からなる短編集は、それぞれに傷を抱えたひとびとのほんのりとした癒しの物語。「藤子・F・不二雄先生に捧ぐ」とあったので辻村深月ばりのドラえもん絡みかと思ったらほんのちょっとだけ(笑)。ところどころで妙にいびつな感触の性描写が見られる部分はちょっと引っかかったなぁ。とはいえひとの身に染み込んだような悲しみとほんのりと包み込むような暖かさが描かれて好感触でした

  • ゆみねこ さん

    読友さんの感想から手にした1冊。美しい装丁とこの季節にぴったりの内容、深く印象に残る一書になりました。5つの短編どれも好きですが、中でも「幽霊の家」と表題の「デッドエンドの思い出」が良かったです。自分では中々選べない本と巡り合えて素敵なひと時を過ごせたことに感謝です。

  • みっこ さん

    読友さんからおすすめいただいた一冊。短編集なんですが、どこか深いところでつながりがあるような、不思議な感覚を持ちました。ばななさんの作品を読むと、ひととのつながり、特に家族を大切にしたくなる。哀しいテーマが多いけど、人との関わりが暖かい。久しく帰ってない実家に帰りたくなってしまいました。一番好きなのは『ともちゃんの幸せ』。【大切にしているものが綺麗な輪になってまわりに存在していることが、ともちゃんにとっての人生だった】という一文がたまらなく愛おしいです。この時期にぴったりの装丁も美しい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

よしもとばなな

1964年、東京生まれ。詩人・思想家の吉本隆明の次女。日本大学藝術学部文芸学科卒業。87年「キッチン」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。88年「ムーンライト・シャドウ」で泉鏡花文学賞、89年『キッチン』『うたかた/サンクチュアリ』で芸術選奨文部大臣新人賞、同年『TUGUMI』で山本周五郎賞、95年『

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド