ひとかげ 幻冬舎文庫

よしもとばなな

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344411852
ISBN 10 : 4344411854
フォーマット
出版社
発行年月
2008年08月
日本
追加情報
:
16cm,126p

内容詳細

気功師のとかげと、児童専門の心のクリニックで働く私。ある夜、私がとかげに結婚を申し込むと、とかげは「秘密があるの。」と答えた―。語られるとかげの子ども時代の惨劇と、それによってもたらされた深い傷。そして、私もとかげと向き合い、心の闇をさらけ出す。叫びをあげるふたりの魂が希望をつかむまでを描く感動作。

【著者紹介】
よしもとばなな : 1964年東京都生まれ。「キッチン」で海燕新人賞を受け、デビュー。「TUGUMI―つぐみ」で山本周五郎賞、「不倫と南米」でドゥマゴ文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おしゃべりメガネ さん

    さすがは「ばなな」さん、過去の自らの作品『とかげ』をリメイクしての出版作品です。音楽とかによくあるセルフカバー的な感じではあると思いますが、音楽同様唄う時期が違えば、少し趣が変わって聴こえるように、本作も年月を経て、作者さん自身が書きなおすとこんなにも雰囲気が違う作品になるのだなぁと改めて、驚かされました。当然、書いてあるストーリー軸は変わりませんが、とにかく冒頭の雰囲気から、それは完全に別の作品の雰囲気をまとっています。過去のオリジナルな作品が「どんな感じだったかな」と思い返してしまうほど、新鮮でした。

  • Noriko D さん

    昨日読み終えた宮本輝さんと吉本ばななさんの対談本の中で、吉本さんが自分の本の愛読者は社会に適応するのが難しい人が多いと書かれていたが、その難しさを小説で上手に捉えて表現、読者の代弁をしているかのような気持ちになるからではないだろうか。とかげさんのようにいつも気を張りつめ続けていたら、生きているのはさぞかし大変だろうな。

  • 波音 さん

    だいぶ前に読んだ『とかげ』という作品のリメイク版。気功師のとかげと児童心理クリニックで働く私は心に闇を抱えている。二人が出逢い互いにその重たい秘密をさらけ出す事で、薄っすらと灯る希望の光。ばななさんらしい感性で綴られた一冊。リメイク版はより丁寧な描写で以前に比べるとやや密度の濃い仕上り。個人的にはリメイク前のさっぱりとしたタッチの『とかげ』の方がしっくりくる気もしますが、読み比べてみるのも面白く、久々の再読でもとても新鮮に感じ楽しめました。

  • はっぱ さん

    「とかげ」のリメイク版。「はじめに」の中で作者は「若いときにしか書けないことも沢山あるけれど、小説は私の心の叫びであり変えることはできないもの。そこで今の自分が「とかげ」をリメイクして「ひとかげ」を書きました。これで悔いはありません」と。「ひとかげ」は「とかげ」よりも、ずっと解り易く心にすっと入ってくる話に。私は「とかげ」の独特な感じも嫌いではないですが。「なんでも起こりうるんだね。ものごとは流れていて、繰り返しのようでいても毎日いろいろなことが変わっていく、人の気持ちも。今のことしかわからないんだわ。」

  • S.Mori さん

    『ひとかげ』は吉本さんの若い頃の作品「とかげ」を書き直したものです。この本には「とかげ」も収録されているので、2つを読みくらべることができます。私は『ひとかげ』の方が好みでした。吉本さんがどのような覚悟を持って小説を書き続けているかよく分かりました。人の生についてまわる哀しみを癒すために書くのでしょう。この姿勢を深く尊敬します。それは2つの小説の中で、気功師のとかげが自分の患者を癒そうとすることと同じです。『ひとかげ』の方でとかげが自分の命を削るようにして、病んだ人を救おうとする場面がたまらなく好きです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

よしもとばなな

1964年、東京生まれ。詩人・思想家の吉本隆明の次女。日本大学藝術学部文芸学科卒業。87年「キッチン」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。88年「ムーンライト・シャドウ」で泉鏡花文学賞、89年『キッチン』『うたかた/サンクチュアリ』で芸術選奨文部大臣新人賞、同年『TUGUMI』で山本周五郎賞、95年『

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品