ひとかげ 幻冬舎文庫

よしもとばなな

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344411852
ISBN 10 : 4344411854
フォーマット
出版社
発行年月
2008年08月
日本
追加情報
:
16cm,126p

内容詳細

気功師のとかげと、児童専門の心のクリニックで働く私。ある夜、私がとかげに結婚を申し込むと、とかげは「秘密があるの。」と答えた―。語られるとかげの子ども時代の惨劇と、それによってもたらされた深い傷。そして、私もとかげと向き合い、心の闇をさらけ出す。叫びをあげるふたりの魂が希望をつかむまでを描く感動作。

【著者紹介】
よしもとばなな : 1964年東京都生まれ。「キッチン」で海燕新人賞を受け、デビュー。「TUGUMI―つぐみ」で山本周五郎賞、「不倫と南米」でドゥマゴ文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おしゃべりメガネ さん

    さすがは「ばなな」さん、過去の自らの作品『とかげ』をリメイクしての出版作品です。音楽とかによくあるセルフカバー的な感じではあると思いますが、音楽同様唄う時期が違えば、少し趣が変わって聴こえるように、本作も年月を経て、作者さん自身が書きなおすとこんなにも雰囲気が違う作品になるのだなぁと改めて、驚かされました。当然、書いてあるストーリー軸は変わりませんが、とにかく冒頭の雰囲気から、それは完全に別の作品の雰囲気をまとっています。過去のオリジナルな作品が「どんな感じだったかな」と思い返してしまうほど、新鮮でした。

  • みかん さん

    とかげもひとかげも両方とも良いが私はとかげの方がアッサリして好きだった。この世の中にはいろんな人たちがいる。幼い時に凄惨な体験をした人も。よりによってそんな2人が出逢うなんて。出逢うべくして出会った2人。この人たちの未来が良いものでありますように。

  • ゆっこ さん

    小柄でつり目で頬骨が出てて芯の強い、恋人にとかげと呼ばれる女の子の話。毎日疲弊し追い詰めながら働くとかげと複雑な暗い過去を持つ心理カウンセラーの彼、普段は身を削りながら誰かを癒す二人が一緒にいることでお互いを癒す関係性が、どこか現実とは違う世界にあるようでそんな2人だけの世界がとてもあったかくて綺麗で泣けてきた。

  • 波音 さん

    だいぶ前に読んだ『とかげ』という作品のリメイク版。気功師のとかげと児童心理クリニックで働く私は心に闇を抱えている。二人が出逢い互いにその重たい秘密をさらけ出す事で、薄っすらと灯る希望の光。ばななさんらしい感性で綴られた一冊。リメイク版はより丁寧な描写で以前に比べるとやや密度の濃い仕上り。個人的にはリメイク前のさっぱりとしたタッチの『とかげ』の方がしっくりくる気もしますが、読み比べてみるのも面白く、久々の再読でもとても新鮮に感じ楽しめました。

  • よしみん さん

    鮮烈な印象が残る「とかげ」のリメイク版。「ひとかげ」の後に、きちんと「とかげ」も入っている。「とかげ」を読んだとき、柔らかく鋭く深いところで何かが蠢くような気がした。鮮烈すぎた印象の中で、私には本当のところは理解できない事を知った。それなのに「ひとかげ」を読んで少し理解できた気がしたのだ。好きだとか嫌いというのではなく、すとんと入ってくる感じ。だから何だか納得してしまった。そしてすごく涙が出た。作品を世に出すことで作者が背負う責任は重いだろう。作品も素晴らしいが、吉本ばななさんの姿勢が胸を打つ作品。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

よしもとばなな

1964年、東京生まれ。詩人・思想家の吉本隆明の次女。日本大学藝術学部文芸学科卒業。87年「キッチン」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。88年「ムーンライト・シャドウ」で泉鏡花文学賞、89年『キッチン』『うたかた/サンクチュアリ』で芸術選奨文部大臣新人賞、同年『TUGUMI』で山本周五郎賞、95年『

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品