’80s少女漫画ふろくコレクション

ゆかしなもん

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766132762
ISBN 10 : 4766132769
フォーマット
出版社
発行年月
2019年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
240p;19

内容詳細

80年代の「少女漫画ふろく文化」をビジュアルから一望する、決定版!!
「りぼん」(集英社)・「なかよし」(講談社)・「ちゃお」(小学館)の3大少女漫画誌を中心に、
カレンダー、トランプ、組み立てモノ、ノート…などなど、
著者の私物コレクションから選りすぐりの約1000点を収録します。

【もくじ】
◎巻頭ー定番ふろく紹介(レターセット、トランプ、カレンダー、紙袋、ノート、組み立てもの 、番外編)

◎「なかよし」(講談社)のふろく
◎「ちゃお」(小学館)のふろく
◎「りぼん」(集英社)のふろく

◎作家インタビュー @たかなししずえ先生 Aあべゆりこ先生 B小椋冬美先生
◎制作関係者インタビュー @「ちゃお」編集部OB A「りぼん」編集部OG

◎コラム(全プレコレクション/次号ふろく予告ページ/書店ノベルティ/学年誌のふろく)

◎その他の雑誌のふろく
「マーガレット」(集英社)、「別冊マーガレット」(集英社)、「花とゆめ」(白泉社) 、「LaLa」(白泉社)、「ひとみ」(秋田書店)


・ゆかしなもん(ユカシナモン) 著・文・その他

ゆかしなもん/1975年生まれ。
2010年より、文具、玩具、漫画、アイドル、映画、音楽など1970〜80年代の昭和ガーリーカルチャーを懐古&発信するブログ「昭和的ガーリー文化研究所」をスタート。
2012年と2014年にイベント「ゆかしなEXPO」開催。
2017年、ヴィレッジヴァンガード限定80sキャラコラボ商品をプロデュース(うちのタマ知りませんか?、レッツチャット、バイキンクン)。
同年、自身の1500点を超えるコレクションから選りすぐりのファンシーグッズを展示した「'80sガーリーコレクション〜"カワイイ"は時間を超える〜」展を監修(宝塚市立手塚治虫記念館)。
共著に『80’sガールズ大百科』(実業之日本社/2014年)、『ファンシーメイト』(ギャンビット/2014年)、単著に『’80sガーリーデザインコレクション』、『’80sガーリー雑誌広告コレクション』(ともにグラフィック社/2017年)がある。

【著者紹介】
ゆかしなもん : 1975年愛知県生まれ。文具、玩具、漫画、アイドル、映画、音楽など1970〜80年代の昭和ガーリーカルチャーを懐古&発信する「昭和的ガーリー文化研究所」所長。2010年より同名の武露愚(ブログ)をスタート。2012年と2014年にイベント「ゆかしなEXPO」開催。2017年、ヴィレッジヴァンガード限定80sキャラ商品をプロデュース(うちのタマ知りませんか?、レッツチャット、バイキンクン)。同年、自身の1500点を超えるコレクションから選りすぐりのファンシーグッズを展示した「’80sガーリーコレクション―“カワイイ”は時間を超える」展を監修(宝塚市立手塚治虫記念館)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 佐島楓 さん

    なかよし・ちゃお・りぼんそれぞれの80年代のふろくが写真で見られる貴重な書。ふろくの材質に制限がかけられていたこの頃、さまざまな工夫で魅力的なふろくを付けようと試行錯誤なさっていた編集の方々に頭が下がる。この三誌はお互いにライバル関係で、ふろくの内容も影響しあっていたことも見えてくる。少女まんがのファッションで時代の流行がわかったりと、見どころも多い。ちょっと迷ったけれど買ってよかった。

  • くさてる さん

    主に80年代の「りぼん」「なかよし」「ちゃお」の3大少女漫画誌に着いていた「付録」を約千点収録し紹介したもの。40代女子なら思い当たるものが多すぎて、ああこれこれと懐かしく思うのでは。いや、わたしはその手のは通り過ぎていきなり「花ゆめ」でした、という人にも抜かりなく、そのあたりの付録もしっかり紹介されています(私だ)。楽しかったです。

  • islet ☮ さん

    漫画雑誌の発行部数が右肩上がり全盛期。三姉妹の部屋には、りぼん・なかよし・ちゃおの3大少女漫画が毎月揃い。当時の8大ふろく、10大ふろくは少女をときめかせつつ、他人のふろく羨ましさに醜い争いも勃発させたw。本書、コレクションの名に相応した1000点全て状態良好の私物という異常な物持ちの良さに目を丸くしながら、当時のふろくは紙類縛りルール知り、紙でも飽きたらず存分にときめいた少女時代を微笑ましく思う。今時はバックやポーチ迄に進化。今後はワンピとか…w?ふろくの過去や未来をトリップした。

  • chatnoir さん

    あれれ、コレクターで著者の方と少し年代がずれているかも。この頃はプリンセスに移ってた。その後、本屋でバイトしていた頃には、返品する本から外した付録がもらえたので、付録コミックに懐かしいのがあった。「ファミコンまりくん」!!スーパーマリオの出始めの頃の漫画で、懐かしかった。「ミンミン」はコミックスになってから持っていた。漫画家2名で似たような内容で書いていた気がする。漫画家さんは違うけど、カセットレーベルの付録が懐かしかった。時代だなぁ。

  • あおい さん

    なかよし、りぼん、ちゃおの80年代の付録をぎっしり紹介。なかよしとりぼんは毎月発売日が待ちきれないほど楽しみにしてたなぁ。不器用な私はトランプは切り離す時破っちゃったり組立て式の箱をうまく作れなかった思い出が。最後に当時の主な連載も年表形式で紹介されてて懐かしさに浸りました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ゆかしなもん

1975年愛知県生まれ。文具、玩具、漫画、アイドル、映画、音楽など1970〜80年代の昭和ガーリーカルチャーを懐古&発信する「昭和的ガーリー文化研究所」所長。2010年より同名の武露愚(ブログ)をスタート。2012年と2014年にイベント「ゆかしなEXPO」開催。2017年、ヴィレッジヴァンガード限

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品