ミシンで着物 綿・麻・ゆかた

やまもとゆみ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766119015
ISBN 10 : 4766119010
フォーマット
出版社
発行年月
2008年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
26cm,79p

内容詳細

大好きな布で着物・ゆかたづくり。洋服用の好きな生地を選び、ミシンでまっすぐに縫うだけ。本格的な和裁の知識なしで、あなただけの単衣着物・ゆかた、半幅帯ができる。帯や小物の楽しみ方、着物のきかたも掲載。

【著者紹介】
やまもとゆみ : 着物作家。NTT勤務を経て独立。「KIMONO姫」(祥伝社刊)の創刊に編集として参加し、自身のブランド「うれし屋」を立ち上げる。2005年よりブランド名を本名「yamamoto yumi」に変更(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Moemi さん

    『下鴨アンティーク』の新刊を読んでから着物を着たい病にかかっていたため、図書館で借りてしまいました。ミシンで着物を縫うというのは本格的な和裁の先生からしたらびっくりするようなことなんでしょうが、私のように着物とは縁のない生活をしている人間にとっては目から鱗が落ちる気分でした。そしてコーディネイトがあまりにも可愛くて見ているだけでうっとりしてしまいます。やまもとゆみさんの作品が見られる他の本も読んでみたいです。

  • ひめありす@灯れ松明の火 さん

    やまもとゆみさんの着物本は二冊目。変わらずガーリーで和洋ごっちゃになっている布の選び方が素敵です。外国のコットンで作ってある者が特に素敵。子供服用の生地が多いのかしら?大柄で色づかいも可愛らしいものが多くて、見ているだけでも楽しくなります。あとはカーテン生地で作ってある帯たち。しっかりした作りの帯は結びやすそうだし模様も面白いものが多くていいなあと思います。一番のお気に入りは表紙の真っ黒な着物に合わせた、巴里っぽい模様の帯です。これはやっぱり色無地と合わせたいなあ。でもごっちゃに着るのもきっと可愛い。

  • ゆー ᐛ) さん

    洋装のような可愛いデザインのスタイルが多く、見ていて楽しい一冊。実際に作っていないので定かではないけれど、衿の付け方が疑問だった。カーブに縫うことで衿が抜けるようになるのかな?今度実際に作ってみようと思います。

  • バニラ風味 さん

    表紙写真のような、とてもラブリーな組み合わせの着物&帯の作り方。半衿もとてもキュート。柄としては10代〜20代向けなので、若いと、こんなかわいいのが着られるんだなあ…(もっと若い時から着たかった)と思いました。でも、着物を洋服の一部と考えての作り方は、詳しくて判りやすいです。Mサイズの型紙もついています。巻末の美しい着物の着方(イラスト)も、読みやすく、ふむふむとうなづくことしきり。

  • きなこ さん

    着物と帯の合わせ方がとても素敵。見てるだけでも楽しい。真似できないなと思うけど、いい柄の生地が見つけられたら作ってみたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品