まほうのじどうはんばいき

やまだともこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784323071459
ISBN 10 : 4323071450
フォーマット
出版社
発行年月
2008年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
96

内容詳細

学校の帰りに見つけた変わった自動販売機。ボタンと受け取り口があるだけで、商品の見本もお金を入れるところもなくて…。魔法のような自動販売機に出会った少年の成長ストーリー。創作童話コンテスト優秀賞受賞作。

【著者紹介】
やまだともこ : 山田知子。宮城県在住。『僕と自動はんばいき』で読売新聞社主催創作童話コンテスト優秀賞受賞

いとうみき : 伊東美貴。東京都在住。KFS童画大賞、童画グランプリを受賞。「かっぱの会」同人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 柔 さん

    姪っ子の課題図書。欲しいものや必要なものはなんでも手に入る自動販売機。時にはカブトムシ、時にはゲーム機。時にはお菓子。ある日お母さんが、こんなもの子どもの為にはならないなーと考えボタンを押すと自販機は消えてなくなった。必要なこととは「自分で頑張ること」お金本には、自分で働いてるようではお金持ちにはなれない。人を使う人間になれと。わからない。

  • バニラ風味 さん

    学校の帰り道、ぼくは「あなたのみかた」と書かれた、中に何が入っているかわからない自動販売機を見つけた。そのあと、思い切ってボタンを押すと、出てきたのはカブトムシ。そういえば、この前、友達が虫プロレスやってて、うらやましく思ったんだっけ…。自分の欲しいものって何なのか。結局、味方って何なのか、考えさせられます。そして、後日、おかあさんがその自動販売機に行ってボタンを押すと…。

  • 小夜風 さん

    【小学校】娘のクラスメートがこの本で読書感想文を書いて県入選したそうで、興味をそそられたらしく借りてきました。絵が可愛らしくて良かったです。いつまでもドラえもんに頼るのび太くんじゃダメってことでしょうね。

  • 刹那 さん

    人間をダメにしちゃうかも(笑)

  • サルビア さん

    あるとき、つくえの上で絵を描いていたら、はみだしてしまったので消しゴムで消そうと思ったら消しゴムがなかったので、消しゴムを買いにいった女の子が本屋さんのそばでふしぎな自動販売機を見つける。その自動販売機は売っている品物の見本はなく、ただ「あなたのみかた」とだけ書いてあり、あとはボタンがあるだけ。 女の子がボタンを押してみると、大きな消しゴムがでてきました。それはその女の子が欲しい物でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品