新・片づけ術 断捨離 「片づけ」で、人生が変わる。

やましたひでこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838720521
ISBN 10 : 4838720521
フォーマット
出版社
発行年月
2009年12月
日本
追加情報
:
19cm,191p

内容詳細

キッパリと断つ。サッパリと捨てる。そしてモノから離れてスッキリする。家のガラクタを片づけることで、心のガラクタをも整理して、人生をご機嫌へと入れ替える方法を紹介。誰もが実践できる自己探求のメソッド。

【著者紹介】
やましたひでこ : クラター・コンサルタント。東京都出身。石川県在住。大学在学中に入門したヨガ道場で、心の執着を手放す行法哲学「断行・捨行・離行」に出合う。その後、モノの片づけを通し、誰もが実践できる自己探求のメソッドとして落とし込んだ、住まいと心のガラクタの新・片づけ術「断捨離」を考案。2000年頃からクラター(ガラクタ)・コンサルタントとして「断捨離セミナー」を全国各地で開催。「片づけ」「整理・収納」「掃除」という概念の組み立てから、実践による意識変容までのメカニズムを明解にしたセミナーが話題を呼び、受講者は年々広がりを見せている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
読んでる途中から、無駄な(無謀な?)買い物...

投稿日:2012/10/25 (木)

読んでる途中から、無駄な(無謀な?)買い物は減りました。コンビニでもらったお皿たち、使うのやめようかなぁ。

ameg さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mitei さん

    要らないものをどんどん捨てていき、順繰りよくしていくことが大事だと思った。

  • 月讀命 さん

    『断捨離』・・・まず、第一歩は必要ないモノ、使わないモノは捨てる事が先決です。コレは使える、ソレは使えないというモノを主語として捨てる、捨てないを判断するのではなく、自分自身がコレを使う、ソレを使わないという尺度で必要ないモノをどんどん捨てる。そして、現在使うモノだけをとっておき、過去に使ったモノ、未来に使うかもしれないのではと考えるモノは捨ててしまう。今日から『断捨離』を即実行して、どんどん捨てて爽やかになりたいものだ。・・・本当に必要としないモノ以外は全て捨て去り、鴨長明の様な生活をしてみたいものだ。

  • ごへいもち さん

    干からびたハムは食べられるけど食べたくない、でも捨てられないので冷蔵庫に入れたまま。服は似たような状況でもいつまでも腐らないのでずっと箪笥の中。捨てられない人の古服を代わりに捨てるべく持ち帰ったら著者の車がカビ臭くなった。ガラクタ・ゴミ・ホコリを取り除くことで停滞運・腐敗運は取り除ける。そして家の中の8割はガラクタとゴミ、つまり干からびたハムと腐ったハム。(コメントに続

  • かずよ さん

    まずは台所からから実行してみようかな!

  • はるき さん

    徐々に物が減っていくと、気持ちが軽くなるって本当でした。ミニマリストは無理だけど、もう少し頑張ろうと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

やましたひでこ

一般財団法人「断捨離」代表。学生時代に出逢ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」に着想を得た「断捨離」を日常の「片づけ」に落とし込み応用提唱。誰もが実践可能な「自己探訪メソッド」を構築。年齢、性別、職業を問わず圧倒的な支持を得ている。『断捨離』をはじめとするシリーズ書籍は、国内外累計500万部を超え

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品