風雲児たち -蘭学革命篇-Spコミックス

みなもと太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784845851768
ISBN 10 : 4845851768
フォーマット
出版社
発売日
2017年12月11日
日本
追加情報
:
372p;19

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
NHKでドラマ化されたあたりを切り取った...

投稿日:2018/05/08 (火)

NHKでドラマ化されたあたりを切り取った特別版で、もちろんここが一番面白いところなのだが、前後の話との関係で意味を持つ要素もあるのでオリジナル版を全部読んでほしい。

tm さん | 静岡県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まさひろ さん

    偉人伝ギャグマンガ。前野良沢、杉田玄白、中川淳庵、平賀源内らが「たあへるあなとみあ」を翻訳して「解体新書」を出版するまでの紆余曲折を描く。 面白かった! 「志を持つものは歩く」が響いた。 元日に三谷幸喜脚本でドラマ化したのを録ってあるので、それも観よう。

  • どら母 学校図書館を考える さん

    ドラマを見る前に、大急ぎで読む。ドラマの番宣で、三谷幸喜がみやもと太郎へのリスペクトを、熱く語っていただけで、読む気になった夫が、Kindleで購入。 ドラマ、楽しみ。

  • ツキノ さん

    NHK正月時代劇でドラマ化されるにあたり「蘭学革命篇」としてまとめられたもの。風雲児たちは全編読んだけれど、ぜひこれだけまた読みたいと購入。読了後、録画していたドラマを観たら、脚本は漫画に則っていて、きちんとリスペクトされているのがわかりうれしくなった。それにしても「真田丸」のメンツばかりなのね。それもおもしろく、さらに適役過ぎて笑う。

  • 槙 さん

    お正月に放送されたドラマがとてもおもしろかったので原作を買ってみた。 原作だと林子平にもかなり章がさかれていて、15才で仙台藩主の側室になって、結果、家族を支えることになったお姉さんとのくだりで一本ドラマが作れそう。 この原作をもとにした三谷さんの脚色もすごいけど、史実を消化して笑いあり切なさありのマンガに脚色するみなもと太郎さんもすごいと思う。 杉田玄白の蘭学事始もいつか読んでみたい。

  • おーちゃんママ さん

    ドラマを見てから読みましたが、違和感なくスーッと入ってきました。三谷幸喜、さすがです。明日、仕事に行ったら『復刻版 解体新書』を見なおしてみます。また、違って見えるんだろうなぁ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

みなもと太郎

マンガ家・マンガ研究家。1947年、京都府生まれ。1967年、20歳のときに少女マンガ誌『別冊りぼん秋の号』でマンガ家デビュー。2004年、歴史マンガの新境地開拓とマンガ文化への貢献により、第8回手塚治虫文化賞特別賞受賞。2010年、第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。社団法人日本漫画

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品