風雲児たち 幕末編 30 Spコミックス

みなもと太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784845852871
ISBN 10 : 484585287X
フォーマット
出版社
発売日
2018年02月27日
日本
追加情報
:
207p;19

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
みなもと太郎氏の大傑作・大河歴史漫画。み...

投稿日:2018/05/12 (土)

みなもと太郎氏の大傑作・大河歴史漫画。みなもと先生、是非是非長生きして絶対にこの「風雲児たち」シリーズを、氏の思いのままで完結してください。万が一・・・の場合(縁起でもありませんが)、みなもと氏のスタッフの方々で完結させてください。(それぐらいこの作品を愛読しているのです)これは漫画史に残る大傑作です。風雲児たちファンの皆さん同じ思いだと思います。先生お元気でがんばって!!

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • キック さん

    本巻では、1862年の既巻では描ききれなかった出来事(高杉晋作の上海渡航と五代さん登場、吉田東洋暗殺、文久遣欧使節団)を中心に描いています。いずれも、教科書はおろか、市販の幕末本でも詳細はほとんど言及されていません。それを丹念に描くところが「風雲児たち」の真骨頂。本当に勉強になります。上海渡航前後で高杉の行動が変化する理由がわかります。また「遣欧使節団」では、オランダ訪問時の日本オタクのレオン・ド・ロニーとロシア訪問時の日本式接待を準備した謎の人物ヤマトフに興味を覚えました。次巻はいよいよ生麦事件です。

  • あ さん

    場面も時系列もぶつ切りにして、でも、どこにつながっている話かというと・・と、珍しく調子が整わない話が積み重なる。同時多発に事態が起こっていることもあるが、今後の前提としてメモしておかなければならないことなのか。ずっと昔、竜馬を主人公に回して行こうとしたころに立ち返ろうとしているのかもしれないけれど、それが本棚のどの辺にあるかも分からず、確かめられない。

  • ちゃきんさん さん

    幕末の有名どころのエピソードや人物がけっこう出てくるコミック30巻。中でも遣欧使節の話は興味がわきました。ヨーロッパ各地の街並みを歩く侍たち・・・想像がつくようなつかないような。

  • もくたつ(目標達成) さん

    最終巻。薩摩藩武士の命がけの工事が胸に迫った。なぜこんな理不尽なことが許されるのか。武士、農民、町民たちの命がけの歴史の上に今があることを改めて思った。

  • hibimoriSitaro さん

    ReaderStore。高杉晋作in上海と遣欧使節団の海外事情に挟まって国内は死刑執行とテロ。いよいよ「幕末篇」らしい生麦事件発生の告知でヒキとなった。「文久二年はメチャクチャ沢山あって仕方ないんだッ」 今年も先生のご健筆を祈るよ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

みなもと太郎

マンガ家・マンガ研究家。1947年、京都府生まれ。1967年、20歳のときに少女マンガ誌『別冊りぼん秋の号』でマンガ家デビュー。2004年、歴史マンガの新境地開拓とマンガ文化への貢献により、第8回手塚治虫文化賞特別賞受賞。2010年、第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。社団法人日本漫画

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品