はじめてのぼうけん 1 ぴょーん

まつおかたつひで

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591064764
ISBN 10 : 459106476X
フォーマット
出版社
発行年月
2000年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16×16cm,37p

内容詳細

小さな子どもは毎日「はじめての冒険」に出会う。科学絵本の第一人者が、時には精密に、時にはユーモラスに、生き物たちを描く。自然の不思議に初めて出会う絵本。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
カエルが、犬が、カタツムリが…?順番にぴ...

投稿日:2019/01/07 (月)

カエルが、犬が、カタツムリが…?順番にぴょーんとジャンプするという単純な話ですが、子どもは大好きで真似して一緒にぴょーんと言いながら跳んでいます。児童館などでも人気で子どもたちがみんな大好きな本という印象です。

なこ さん | 大阪府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mariya926 さん

    かえるや猫や犬や魚がぴょーんとジャンプします。夫のお気に入りは犬がぴょょょょーんとジャンプするページで、私はカタツムリのだめか…が気に入っています。息子のお気に入りは最後に私もぴょーんで、女の子がぴょーんとジャンプします。まだ自分ではジャンプできないので、抱っこしてジャンプさせてもらうのが好きで、この本を見つけると必ず最後のページではジャンプして満足しています。バッタがとてもリアルすぎるくらいリアルで、うさぎがとても可愛く、なんか不思議な本です。

  • 紫 綺 さん

    珍しい縦開きの幼児向け絵本。シンプルにぴょーーーんと楽しめる。カタツムリは残念(^^;

  • >< さん

    初版2000年。縦に長い絵本です。ページをめくると、いろいろな動物たちが元気よく、ぴょーん!とジャンプ。縦に長いスタイルとストーリーがすごくあっていて、迫力が出ますね。

  • ぷっくん さん

    娘が誕生した時に市からの頂き物。読んで見たもののあまり興味を示さず(>人<;)ちょっと絵が怖い。とくにバッタが笑。

  • ひみこ@絵本とwankoが大好き♪ さん

    1歳児に大人気の絵本。いろんな生きものが、ぴょーんと跳ねる姿の繰り返しだか、そのつど跳ねる高さをかえて読み聞かせると大喜び♪読み終えた後は、自分たちもぴょーんと跳ねた後、もっかい!と指を1本たててアピールする姿がなんともかわいい(*^^*)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

まつおかたつひで

松岡達英。1944年、新潟県長岡市に生まれる。科学絵本を数多く執筆している。『バッタロボットのぼうけん』(ポプラ社)で、産経児童出版文化賞・美術賞、『野遊びを楽しむ百年図鑑』(小学館)で、小学館児童出版文化賞、『イモリくんヤモリくん』(岩崎書店)で、日本絵本賞など、多数の受賞作がある(本データはこの

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品