実家が放してくれません

まきりえこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087880618
ISBN 10 : 4087880613
フォーマット
出版社
発行年月
2021年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
160p;21

内容詳細

一軒家にふたりで暮らす若夫婦。なかなか仕事が決まらない夫のエイトを心配しながらも、妻のアサは声をかけあぐねていた。やがて夫婦は待望の子供を授かるものの、孫の顔を見るためにと訪ねてくる実母の言動にアサの苦悩は尽きず、幼い頃の記憶がよみがえる…。断ちがたい親との関係、家の呪縛はいつまで続くのか。家と親の圧力に深く切り込むコミックエッセイ。

目次 : いい天気の日に「仕事見つかりそう?」は言いにくいものです/ 昔から幸せな家庭への思い入れが強いから/ 親になるのが怖い/ 赤ん坊の存在は実家の母を呼び込んだ/ 母が訪ねて来た日は夫が大嫌いになります/ 母に愛された記憶がないのは育児のハンデです/ 結婚に失敗したらほら見たことかって言われる/ 息子を見ると自分の子供時代の暗い記憶がよみがえります/ 母はいつも私のテリトリーへ侵入してきました/ 親の家さえ出たら幸せになれると思ってた/ 視界に母がいるとダメ人間に戻ってしまう/ お母さんは怒るって決めたら怒るから/ 私は「きちんとした家」の子じゃない/ 私の中で母を殺さなければいけない/ あの親が育てたなら私もまともじゃないかも/ 自分の躾に親の影を感じます

【著者紹介】
まきりえこ : 漫画家、イラストレーター、コミックエッセイスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あっか さん

    新刊。結婚後も子どもが生まれてからも、人生のあちこちに毒親である母の影響が出まくる様が描かれる。毒母✖️主人公の長女だけではなく、義母✖️夫のちょっと拗れた関係も描かれているところが興味深い。最近物凄い毒親エッセイが多いけど、書籍化できるほどじゃなくても鬱屈を抱えている人はたくさんいるはず(自分もその1人)。お互いに問題に向き合わないが故に、夫婦関係もうまく行かないのは説得力があるな…というか毒親や主人公だけじゃなくみんな歪んでる!アーママは心強かった。エイトの黒い目は改善されたのかな…

  • tomoaoso さん

    読んで「あるある」と思いながら読んでいました。 私も一人暮らしなのに母の否定する声が聞こえ「楽しい嬉しい」と感じる事が出来ない時があります。 毒親や親が苦手な人に読んで欲しい。

  • 椎茸えのき さん

    著者は漫画家、イラストレーターさん。絵が好みでブログを拝見していました。今回の本のテーマは毒親。若干毒親育ちなので、理解できます。私も親も一人の人間だし、完璧ではないことを自覚し、立ち直りました。個人的には、もっと強いメッセージを漫画に込めて欲しかったと思う。

  • みやび さん

    ☆3

  • フェリペさん さん

    自分が親になって気づいたことは、親も完璧な人間であるはずがないということ。たとえそうだとしても、子どもをどう愛し、自分はどう生きるか、それを正しく選ぼうとすることを諦めてはいけない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品