世の中と足並みがそろわない

ふかわりょう

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784103537915
ISBN 10 : 4103537914
フォーマット
出版社
発行年月
2020年11月
日本
追加情報
:
219p;19

内容詳細

世界が歪んでいるのか、ふかわが歪んでいるのか、
それはあなたが決めてください。

スマホ画面が割れたままの女性、「ポスト出川」から舵を切った30歳、どうしても略
せない言葉、アイスランドで感じる死生観、タモリさんからの突然の電話……。どこ
にも馴染めない、何にも染まれない。世の中との隔たりと向き合う “隔たリスト”
ふかわりょうの、ちょっと歪で愉快なエッセイ集。その隙間は、この本が埋めます。


【著者紹介】
ふかわりょう : 1974年8月19日生まれ。神奈川県横浜市出身。慶應義塾大学在学中の94年にお笑い芸人としてデビュー。長髪に白いヘア・ターバンを装着し、「小心者克服講座」でブレイク。後の「あるあるネタ」の礎となる。「シュールの貴公子」から「いじられ芸人」を経て、現在はテレビMCやコメンテーターを務めるほか、ROCKETMANとして全国各地のクラブでDJをする傍ら、楽曲提供やアルバムを多数リリースするなど活動は多岐にわたっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tenouji さん

    どこか気になる芸人ふかわ氏。そのエッセイということで、タイトル買いしてしまった。読み進めるにしたがって、時代の主流ではないかもしれないけど、自分の感性に従って、それなりに器用にやられている印象を受け、どちらかというと「参考にさせていただきます」と言った感じ。DJ歴20年は驚きましたし、ちょうど、ぺソアのような作家は日本にはいないのかな、と、たまたま考えていたタイミングで、ポルトガル旅行の話しを読んだときは、鳥肌が立ちましたw。よかったです。

  • miu さん

    すっごくいいエッセイだった。ふかわりょう氏はまともで育ちが良くて聡明な人なんだと思った。多数派の意見とは違うかもしれないことを、正々堂々と言い切れる人を尊敬する。大袈裟なようだけど、明日からの生きる勇気みたいなものをもらえた気がする。わたしも足並み揃わなくてもいいよね?

  • ふじこ さん

    ふかわさんの不器用さが凝縮された書き下ろしエッセイ集。地名を略せない。斎藤工になりたい。「おきましょうか」のニュアンスに振り回される。便利の果実とわざわざの果実。ラジオを聴くような心地よい感覚で読み終えた。特にスマホの画面を直すか否かの考察が書かれている「女に敵うわけない」が好き。ふかわさんに写真をお願いするときのために画面はちゃんと直しておこう。馴染めない、染まれない私はきっとこれからの人生で何度もこの本を開くんだろう。ふかわさんがそれでも大丈夫だよと言ってくれている気がした。

  • Salsaru さん

    ちょっとした不快に素直になると、生きづらい世の中になりました。

  • Tomtom さん

    毎日観ている『5時に夢中』のMCふかわりょうのエッセイ。8割くらい、納得しました。いつもながら、頭が良くて発想が面白く、それでいてとても真面目で誠実な方だと思いました。私はとても好きです^_^ポルトガルの旅行の話を読んですぐに、たまたまテレビで放送されていて、想像以上に美しく、行ってみたくなりました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品