おおきく振りかぶって 33 アフタヌーンKC

ひぐちアサ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065202265
ISBN 10 : 4065202264
フォーマット
出版社
発売日
2020年07月20日
日本
追加情報
:
192p;19

内容詳細

県立西浦高校野球部が迎える初めて冬。三橋のフォーム改造は未完成のままだし、いつまでももたもたしていられない! そして後輩! 新入部員獲得のためのスカウティングも欠かせない! 対外試合が禁じられた今の時期しかできないことはたくさんある! 来シーズンはもう始まってる!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • TAMA さん

    やっと1年の冬に突入。ここまで来るのに16年掛かっているそう。まだまだ道は続くのだ。しかし、最近の野球は色々と変わってきているのがわかるのも楽しみの1つ。バッティングは奥が深いなぁ。

  • gen さん

    巻末オマケで、前回の続き・スコアブックの書き方。う、細かい……。32巻の書き忘れまで書き込んで、続きは毎度のカバー下。ここでも細々記したうえに、またもやお詫びで訂正の文章。この誠実さには頭が下がりますね。帯には、「野球だけでなく、今年大切なことがあるみんな、熱中症と怪我に注意して、がんばれ!!」と、著者からの熱いメッセージ。裏カバーの絵が良かった!田島君の監督への「声かける選手の基準は?」の質問に、「基本的に来る者は拒まず」と爽やかに語った後、「去る者は逃がさない」と、握り拳で白目。どうなる、新入部員!⇒

  • さとみん さん

    もうすぐ作中時間で一年が経つのか。まだまだバッテリー間の意志の疎通は危なっかしいけど、それでも向き合えるようになったのはすごい成長だよなあ。と完全に保護者目線になっている自分が可笑しい。さて何人の後輩が入ってくるのか(そもそもどこまで描いてくれるのか)予想しつつ、楽しみに続きを待とう。野球のこと、それ以外も皆いろいろと考えているのが微笑ましい。

  • あおき さん

    母校の中学生たちに「西浦どう?」と勧誘してまわる監督&部員たち。ようやく長い一年生が終わろうとしている…。勧誘会に母親たちも顔を出しているのが、やっぱジャンプのスポーツ漫画とは違うよなぁ。「うわオレマジ西浦行きたい もう帰って勉強しますさいならっ」君のインパクトがすごかったんで、彼、合格してほしい。そして部内の恋愛模様の話もでてきた。三橋くんは話きいてたけど全然理解してなくて笑える。

  • 笠 さん

    4 新刊読了。四市大会は結局ARCの優勝で終わり、来年に向けて特訓フェーズに。各選手の出身チームにスカウトをかけるなど、来年の新入部員への伏線も。こういうとこ丁寧に描くのに、かといってあからさまに新キャラに期待を持たせる感じでもないところが作者らしいというか、独特。花井の後輩とかいいキャラで人気出そうなのに名前すら出ない。花井のモモカンへの恋心を察知した田島が部内恋愛禁止令を提案して可決。この辺もリアルでいいなー。BL勢には燃料投下だけど、そのためにと考えるのは穿ちすぎか。浜田の留年の秘密はいったい…?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ひぐちアサ

1970 年生まれ。埼玉県さいたま市出身。法政大学文学部を卒業。 1998年、ひぐちアーサー名義でアフタヌーン四季賞を受賞し、デビュー。 現在、「アフタヌーン」にて『おおきく振りかぶって』を連載中。 同作品で2006年第10回手塚治虫文化賞・新生賞、2007年第31回講談社漫画賞・一般部門を受賞。

プロフィール詳細へ

ひぐちアサに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品