おおいなるだいずいちぞく

はしもとえつよ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784033329307
ISBN 10 : 4033329307
フォーマット
出版社
発行年月
2019年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
32p;27

内容詳細

あるはるのひ。はたけのなかからこえがきこえてきました。そこにいたのは、だいずいちぞくのわかきおうじとじいやです。「われらのちからをはやくみせつけてやりたいよ。」「おうじ、たのもしゅうございます!」おおいなるいちぞくのだいかつやくがはじまります!5歳から。

【著者紹介】
はしもとえつよ : 北九州市生まれ。独学で絵を描く。「おにたくんやまのぼりだよ」で小学館第14回おひさま大賞絵本部門最優秀賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ごへいもち さん

    読友さんご紹介本。私も知らない豆の知識、可愛い絵で。世界の料理、英国はやっぱりなし。ファラオが可愛い

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    大人には当たり前?な知識でも(豆腐や味噌、醤油などが大豆から出来ている)子どもは知らないことが多い。色んなものに変身して食卓にあがる大豆製品だけど、あずき一族のように、『オヤツ』にはなれない…けれど・・・アレ!があるじゃないか!

  • リハビリ中の雨巫女。 さん

    《本屋》大豆のことがよくわかる。確かに、モヤシも豆腐等も大豆がらみだね。

  • 遠い日 さん

    豆はやっぱり偉大である。豆も、豆由来の食べ物も大好きなわたしにとって、頷きっぱなしの本でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品