命のアサガオ永遠に 子を亡くした母の願いが骨髄バンクに実るまで

たんごまみこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784794966797
ISBN 10 : 4794966792
フォーマット
出版社
発行年月
2005年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,222p

内容詳細

白血病のため、わずか7歳でこの世を去った丹後光祐君。光祐君が残した朝顔の種は、骨髄バンクの活動とともに、新潟から世界へと広がった。母・まみこさんが綴る、さわやかな勇気あふれる感動のドキュメント。

【著者紹介】
丹後まみこ : 1958年、新潟県北蒲原郡黒川村生まれ。77年、新潟県立中条高等学校卒。81年、東京音楽大学音楽教育専攻卒。同年よりカワイ音楽教室ピアノ講師。83年、丹後鉄雄と結婚。93年、にいがた・骨髄バンクを育てる会運営委員就任。94年、同会中条支部代表。2001年、有限会社丹後鉄工役員就任。05年、にいがた・骨髄バンクを育てる会副会長に選出される

神津伸子 : 1960年、東京都出身。83年、慶応義塾大学卒。シャープ(株)広報室勤務。87年、産経新聞社入社。社会部・文化部記者を経て95年、フリージャーナリストとして独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Ken さん

    丹後光祐君は白血病で小学1年生(7歳)でこの世を去った。光祐君が育てていた朝顔、そのタネを通じて、母親のまみこさんが子供たちに思いやりと命の大切さを知ってもらうこと、骨髄バンクを普及させることを目的に、「こうすけの朝顔」→「命のアサガオ」の全国運動を展開。 光祐君が亡くなったのは1993年。その後の母の小さな取組みがTVや新聞に取上げられたり、秋篠宮紀子様の目に留まったり、また2000年には児童映画として脚光を浴びたりもした。(コメント欄につづく)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品