よるのおと

たむらしげる

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784032324808
ISBN 10 : 4032324808
フォーマット
出版社
発行年月
2017年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
32p;30

内容詳細

男の子が池のほとりを歩いておじいさんの家につくまでのほんの数十秒。そんなひとときにも、世界はこんなにもゆたかに息づいています。ページをめくることが1つの体験だということが感じられる絵本です。3歳から。

【著者紹介】
たむらしげる : 1949年東京生まれ。桑沢デザイン研究所修了。独特の詩情とユーモアのある世界をジャンルをこえて発表している。映像作品『銀河の魚』(毎日映画コンクール大藤信郎賞)、『クジラの跳躍』(文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞)、画集『メタフィジカル・ナイツ』(小学館絵画賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • nana さん

    絵がメインだけど、耳を澄ましたら音が聞こえてきそう。絵本なのにすごい。

  • 手を洗う♪みどりpiyopiyo♪ さん

    男の子が池のほとりを歩いています。夕暮れのひととき。空には月が輝いて。リリリ、リリリ。クワッ クワッ。チャポン パシャン。■たむらしげるさんの描く景色は、青く深く深く澄んで。そうそう、夕暮れ時の景色って こんな青を纏っています。ここにもやっぱり中型犬と、自由な猫♪ あとがきの たむらさんの子供の頃のお話もいいなぁ。■時間にして数十秒。ほんの短い時間にも世界はこんなにもゆたかに息づいて。ページをめくることが一つの体験だということが感じられる絵本でした。(2017年)

  • momogaga さん

    【大人こそ絵本を】60年前の思いを絵本にするとは、作者の性ですね。後書きを読んだ後読み直し、私も60年前を少しだけ振り返りました。

  • annzuhime さん

    図書館本。表紙のカエルにひかれて。タイトル通りによるのおと。耳をすませれば聞こえてくる、虫やフクロウの声、風の音。文字がない所でもついつい声に出してしまいたくなるたくさんの音。音。音。フクロウがカエルを捕まえようとする所が好き。3歳3ヶ月の次女が隅から隅まで音を探したがった絵本。5歳の長女はあまりハマらなかったけど…。

  • たまきら さん

    よるのおと。そろそろ火の用心かなあ。そんなことを考えつつ、ちょっとこわくて、でも魅力的な「夜」をおもいました。後で自分たちの夜の音を考えて楽しめます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品