そうべえときじむなー

たじまゆきひこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784494012442
ISBN 10 : 4494012440
フォーマット
出版社
発行年月
2018年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
40p;26

内容詳細

「じごくのそうべえ」シリーズ誕生40年。海をわたっていざ南の国へ!

【著者紹介】
たじまゆきひこ作 : 田島征彦。1940年、大阪府堺市に生まれる。高知県で少年時代を過ごす。絵本に『祇園祭』(第6回世界絵本原画展金牌受賞)、『じごくのそうべえ』(第1回絵本にっぽん賞受賞)、『はじめてふったゆき』(竹内智恵子・共作/1989年ライプチヒ国際図書デザイン展銀賞受賞)、『てんにのぼったなまず』(第11回世界絵本原画展金牌受賞)、『ふしぎなともだち』(第20回日本絵賞大賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 杏子 さん

    図書館の新刊コーナーにて。

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    「じごくのそうべえ」で、そうべえと仲間たちの破天荒を知っている人ならば、なるほどと思える展開ではあります。 絵の中にパロディを持ち込んだり、沖縄の方言を取り入れたり、はたまた女の人が目をおおうような恥ずかしいところを取り入れたり、至れり尽くせりのお話ですが、ちょっと子どもにはハイグレードかと思いました。 きじむなーの優しさと、沖縄の人の温かさに助けられながら、そうべえさんたちがその事を解っていないところが、この絵本の凄さです。

  • 舟江 さん

    そうべえが透明人間になるくだりは、龍樹菩薩の日本版のようであった。「きじむなー」とは妖怪の名前だが、昼間はカジュマルの木の中におり、魚の目しか食べないという恐ろしく行儀の良いそして心優しい妖怪だ。是非現地に行ってみたいと思う。hahaha…

  • izw さん

    大好きで何度も読んだ「じこくのそうべえ」のシリーズだ、と思い、思わず手に取りました。「きじむなー」とは沖縄にいる心のやさしい妖怪。なんで沖縄? は、読んでのお楽しみです。「じごくのそうべえ」に続く「そうべいごくらくへゆく」までは読んだと思いますが、そのあと3作出版されているらしい。今度読んでみます。

  • 遠い日 さん

    子どもたちと読みに読んだ『じごくのそうべえ』。うちの子たちの時代は続編の『そうべえごくらくへゆく』までしか出されていなかった。その後もわたしの絵本読みは止まず、母ひとり続編が出るたびに読んできたシリーズだ。シリーズの中ではこの巻は、そうべえたち4人より、きじむなーに焦点が当てられている感が否めない。沖縄の愛すべき妖怪きじむなー。故かこさとしさんが描かれたきじむなーのキャラクターとの相違がおもしろい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品