ジプシーにようこそ!

たかのてるこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344019768
ISBN 10 : 4344019768
フォーマット
出版社
発行年月
2011年04月
日本
追加情報
:
19cm,351p 図版8枚

内容詳細

「ガンジス河でバタフライ」の著者の今回の旅先は“ジプシー”。東欧のラテン国ルーマニアで、どこまでも優しく、過激なまでにチャーミングなジプシーの生き方に迫る紀行エッセイ。未知なるジプシーの世界へ誘う。

【著者紹介】
たかのてるこ : 映画会社の東映に勤める傍ら、プライベートで旅した映像をテレビ局に持ち込んで作った旅番組、「銀座OL世界をゆく!」シリーズ(フジテレビ)が放送される等、ユニークな活動を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
旅の始まりは今まで史上、最悪と言うべき出...

投稿日:2018/12/11 (火)

旅の始まりは今まで史上、最悪と言うべき出来事の連続やけど、 それでも心が折れずに相手の懐に飛び込んで行く姿は流石のたかのてるこ。 そしてこの旅をきっかけについにOLを卒業し本格的に旅人となった。

太陽の塔 さん | 大阪府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • HIRO1970 さん

    ⭐️⭐️⭐️たかのてるこさん毎回非常に楽しみにしています。今回のテーマはジプシーで行き先はルーマニアなので全く未知の世界でした。開拓時代のような生活をしていても人生を愉しむ術を知っている彼等の底抜けな明るいパワーに当てられて、てるこさんは遂に18年勤めた会社を退社したそうです。本音を言うとよくぞ続いたものだとも思えます。1ファンとしては作品がもっと増えれば願ったり叶ったりです。今後の予想《期待値》を勝手に書くと、アボリジニ、インディアン、エスキモー辺りにも潜り込んでレポートして頂けないかなと希望します。

  • たまきら さん

    笑いながら読みました。彼女の「差別って、自分はこいつらよりはましっていう優越感から生まれるんだなあ」というような描写にうんうん、とうなずいてしまった。辛い人ほどそうなりがちなんだろうなあ。 個人的にこういう時いつも心に浮かぶのは、「トーイ」の一言。「いい眺めなんて別に高い所に登らなくたってみれんだぜ」。アナキスト、ユートピアンと呼ばれようと、やっぱ自由でいたいなあ、という遺伝子がある人は楽しめる一冊です。

  • ruki5894 さん

    前半がかなりのハードな内容だったので、読むのに苦労した。よくぞご無事でと思えるような旅の始まり。ジプシーについては良く知らず、本にも出てきた映画で観たくらい。『ヒッピーはなりたくてなるけど、ジプシーはうまれながらにしてジプシー』ってのが、悲しい。それとは裏腹なラテン系のノリが激しい。それにしてもたかのさん、ホントによくご無事で。

  • kiho さん

    ハプニングに翻弄されながらもジプシーの懐に入っていくたかのさんの勇気あふれる旅☆異文化を理解するのってなかなか大変…なのに心の会話で乗りこえて行く様に、本当のコミュニケーションを見る思い♪ジプシーの哀愁の歴史と底抜けの明るさ、そのギャップが印象的。

  • どっち さん

    いつもいつも旅の楽しさを体感できるたかのさんの旅エッセイ。キューバの陽気な兄さん達も印象的でしたが、ルーマニアのジプシーもとことん陽気。ジプシー文化に触れられるのもよいです。先進国の常識は世界各国の常識ってわけではないんだなというのがよくわかる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

たかのてるこ

大阪府生まれ。65ヵ国を駆ける旅人。18年間勤めた東映から独立し、世界の魅力を伝える、ラブ&ピースな“地球の広報”として、全国での講演など、幅広く活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品