天の原ふりさけみれば 日本と中国を結んだ遣唐使・阿倍仲麻呂

すずき大和

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309920979
ISBN 10 : 4309920977
フォーマット
出版社
発行年月
2016年09月
日本
追加情報
:
27

内容詳細

その歌は、1300年の時をこえて今もかがやく。大きな志を胸に、十代の若さで遺唐使の使命をせおい、海をわたった阿倍仲麻呂。玄宗皇帝にあつく信頼されながら、ふたつの国のあいだで夢みたものは―王維ら盛唐の詩人たちとも交流をふかめ、李白に「明月」とうたわれた生涯を、『奥の細道』で日本漫画家協会賞特別賞受賞の絵本作家が、情感ゆたかに描きだします。巻末に『遣唐使 阿倍仲麻呂の夢』著者・上野誠教授による書き下ろし解説を収録。

【著者紹介】
すずき大和 : 福島県生まれ。漫画家・絵本作家。「哀MY展覧会」で第28回文藝春秋漫画賞、「奥の細道」(上・下巻)で第33回日本漫画家協会賞特別賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あおい さん

    遣唐使として唐に渡りそのまま日本へ戻ることはなかった阿倍仲麻呂の生涯。玄宗皇帝に認められ日本へ帰ることを許されずやっとお許しがでたのに嵐にあって唐に逆戻り。日本に帰りたかっただろうに…。

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    「天の原…」という歌も阿倍仲麻呂という名前も知っているのに、歴史としての彼の生きざまがすっぽり抜けている私に、彼の偉業は素晴らしくもあり哀れでもありました。 日本を離れ、唐の国で生きた阿倍仲麻呂にとって、郷里はとても遠い場所になってしまったのですね。 今では考えられない遣唐使の危険に満ちた長旅も実感出来ました。

  • よぽ さん

    百人一首で歌は知っていたけれど、こんな物語があったとは知りませんでした。長い間懸命に働き、やっと帰国が許されたと思っても結局帰ることはできず、無念はいかばかりであったかと思います。

  • 遠い日 さん

    遣唐使、阿倍仲麻呂の伝記絵本。知ってはいても、一方ならぬ苦労やジレンマの元で、その職責を果たしたことに頭が下がる。全ては日本の国のため。郷愁はいかばかり深かっただろうか。

  • なま さん

    遣唐使として唐の長安へ向かった使節団。阿倍仲麻呂の生涯を絵本で紹介。玄宗皇帝のお膝元に仕え、日本に帰ることは結局できなかった仲麻呂。百人一首や古今和歌集で有名な「天の原 ふりさけみれば 春日なる 御笠の山に いでし月かも」はどんな場面で読まれたのか?物語を見て推察するのも良いかも。8分。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

すずき大和

福島県生まれ。漫画家・絵本作家。「哀MY展覧会」で第28回文藝春秋漫画賞、「奥の細道」(上・下巻)で第33回日本漫画家協会賞特別賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品