金田一37歳の事件簿 16 イブニングkc

さとうふみや

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065358436
ISBN 10 : 4065358434
フォーマット
出版社
発売日
2024年06月21日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
176p;19

内容詳細

金田一一(きんだいち はじめ)37歳は、小さなPR会社で働くしがないサラリーマン。スキーリゾート開発計画の視察のため
北海道にある孤島・緋尻島を訪れる。そこにやって来ていた超名門スキー部の女子大学生たちから、金田一はある噂を耳にする。それは、地元に伝わる“首なしスキーヤー”の呪いーー。猛吹雪に包まれるなか、禍々しい殺意が襲いかかる!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 陸抗 さん

    人狼の犯人の動機、これはやりきれない…。だからといって、被害者達を責めれるかと言われるとまたなんとも。帰ってそうそう、また雪山(苦笑)ワイヤーはわざと、被害者たちが張ったんだろうか。

  • どあら さん

    療養中に妹から借りて読了。犯罪の陰には悲しいお話ありというパターンですね…

  • ジャム さん

    人狼ゲーム殺人事件、完結!「僕は完全犯罪なんてありえないと思ってるんです。でもそれと同じくらい完全な人間もありえないってそう思うんですよ」と真犯人に諭す少年時代からやりきれない事件に遭遇してきたはじめだからこそ言える言葉が深かったです。そして、二連続で雪の事件(金田一って冬の事件多いよね笑)首無しスキーヤー編が開幕!首斬り事件がバッタバッタと起きます笑解決篇の次巻も楽しみ。

  • leo18 さん

    首なしスキーヤー事件編。インパクトある事件だが次巻は半年後。小出しの美雪。

  • kadocks さん

    人狼編。やはり想像を超えてはこなかったオチだった。どうしてもこう言う恨みになっちゃうよね。初期のこのシリーズはもう少し犯人の犯行理由が重かったと思うんだけどな。でも納得はしたから良し。首なしスキーヤー編。ワイヤーで首を切られた首なしスキーヤー。ちょっと怖い。スパっと切られたのだろう。そこからの恨みからの反抗。犯人は恨みを抱く相手全員首斬りをする気なのか。かなり陰惨な物語になりそうだ。次は秋らしい。また忘れそう笑

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

さとうふみやに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品