いつもいっしょに

こんのひとみ作

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784323013749
ISBN 10 : 4323013744
フォーマット
出版社
発行年月
2008年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
24×25cm,32p

内容詳細

森の中にくまが住んでいた。くまはひとりぼっちだった。ある日、「トントントントン」と、誰かが扉をたたいた。くまが扉を開けると、うさぎが寒そうに立っていた…。大切な人と読んでほしい1冊。〈受賞情報〉けんぶち絵本の里大賞びばからす賞(第18回)

【著者紹介】
こんのひとみ作 : 体の弱い息子のために子守歌を作って歌っていたのをきっかけにシンガーソングライターに。「ムーニーマン」「まるこめみそ」などのCMソングやナレーションを手がける。また学校や福祉施設への出前ライブに積極的に取り組んでいる。代表曲にNHKみんなのうたの「パパとあなたの影ぼうし」「夢をかなえよう」

いもとようこ : 兵庫県生まれ。金沢美術工芸大学油絵科卒業。『ねこのえほん』『そばのはなさいたひ』でボローニャ国際児童書展エルバ賞を2年連続受賞。『いもとようこうたの絵本1』で同グラフィック賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あつひめ さん

    時々、寂しくなるとめくりたくなる1冊。誰かのために…誰かと一緒に過ごせることの幸せ。尽くすことと尽くされることのバランス。子供の絵本としては、なかなか難しいのではと思ってしまった。でも、逆に言えば、子供はストレートにウサギの態度を指摘する。大人は、余計なことを考えるから難しく感じる。好きだから、一緒に過ごして楽しみたい…。嬉しいときは嬉しいと伝え、感謝の気持ちを忘れない…。それは相手のためでもあり自分のためかも…なんて絵本を手にして自分の現状と重ねてしまった。まだまだ、この本を手放すことはできなさそうだ。

  • めいまろん さん

    森の中に住んでいるクマさんのところに、ある日お客さんが訪れました。それは、ウサギさん。最初は…ただ、そばに居てくれるだけで嬉しかったのに。だんだん多くを望むようになって、見返りが欲しくなってしまったのです。人はたぶん、誰でもそう…少しずつ、欲張りになって、大切な事を忘れそうになるんだろうなぁ。今のままでも、幸せだっていう事を忘れないでいたいです。

  • ミストラル@しなやかに♡たおやかに…☆ さん

    ⌒(。・.・。)⌒ 独りぼっちだったから出逢えて嬉しかった♡ ずっとずっと独りぼっちだったから一緒の時間が楽しくて楽しくて♪ 側にいてくれるだけで嬉しい♡ 笑顔があれば嬉しい!そういう気持ちが♡た・い・せ・つ♡(*˘︶˘*).:*♡ ね!くまクン!でもゴメンね…うさぎは恥ずかしがり屋さん(/ω\)今度かわいいジャンプを見せてくれると思うよ♡ こんのひとみさんのお話は ちょっとせつなくキュン♡とする…年代によって心に響くメッセージが違うかもしれないなぁ♡大切な人と読みたい♡ハートウォーミングな一冊。

  • 寺 さん

    いもとようこの絵はやはりかわいい。古いファンシーな感じだが、やはり有無を言わせぬ圧倒的なかわいさがある。【以下ネタバレ】独りぼっちで生活する孤独な熊。そんな熊のもとにある日突然現れたかわいいうさぎ。淋しかった熊とうさぎの二人暮らしが始まる。うさぎの為に料理を作る熊の充実。しかしうさぎはにこにこするばかりで何のリアクションもない。次第に熊に不安が募る。そしてとうとううさぎを叱る熊。「僕の事好きなの嫌いなの!」涙ぐむうさぎは不意に姿を消す。うさぎがいるだけで幸せだったと気付く熊。うさぎは良い御身分。

  • スノーマン さん

    娘が保育園から借りた本です…が、油断して読み聞かせしていたら、切なさに危うく泣きそうに。ひとりぼっちだった頃のくまさんの寂しい瞳、うさぎさんが住み始めて喜ぶ表情、そして一緒に暮らすことで逆にうさぎさんの気持ちがわからなくなり怒鳴ってしまうくまさん。最後にはウッと胸に詰まるものがある。いっしょにいるって、どういうこと?と大人にも問いかけてくる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

こんのひとみ作

絵本作家・エッセイスト・シンガーソングライター・ラジオパーソナリティー。アルバム「ちいさな声〜パパとあなたの影ぼうし〜」でメジャーデビュー。学校や福祉施設への出前ライブでは、観客からのメッセージを歌ったり朗読したりする心の交流に力を注いでいる。絵本作家のほか作詞作曲、ミュージカル原案・音楽劇制作など

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品