おそうじロボットのキュキュ

こもりまこと

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784033500805
ISBN 10 : 4033500804
フォーマット
出版社
発行年月
2021年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
小森誠 ,  
追加情報
:
36p;23

内容詳細

ここは大きな都会の一角にある、ロボットがくらす町。
そこに、ロボットたちがひと息ついて元気をつける自販機コーナー「キングドリンク・ショップ」があります。

キュキュは、その場所をきれいにする役目の、ごみばこ型おそうじロボット。まいにち朝早くから掃除をして、天気のいい日は自販機ロボットたちを洗います。

そんなふうに毎日せっせと仕事に精を出すキュキュでしたが、ある日、雨がふってきました。もう古い型となったキュキュは、水によわく、雨にぬれるとこわれてしまうかもしれません。
しかし仕事の手をとめるわけにもいかず、キュキュは仕事を続けますが……。



車の絵を中心に活躍する作者ですが、その一方でロボットにもつよい共感をおぼえて、さまざまなロボットを描きつづけてきました。本作では、主人公のキュキュだけでなく、親子づれやペット、アヒル、ハチと、さまざまな型のロボットが登場します。

けなげに働くロボットたちを、ていねいな筆致で色あざやかに描く、近未来絵本です。


【著者紹介】
こもりまこと : 1948年京都生まれ。大阪デザイナー学院卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • aiaimo`olelo さん

    大きな都会の一角、ロボットが暮らす街。ロボットたちのためのジュースやオイルを売っている自動販売機コーナーに、缶を捨てるためのゴミ箱型おそうじロボット キュキュはいます。毎日、ゴミを拾ったり掃除をしたり自販機ロボを洗ったり商品の補充をしたり。おかげでこのコーナーはいつもピカピカ。でも、ある雨の日、水に弱い古い型のキュキュは雨に濡れて壊れてしまい…  親子連れにペットに、アヒルにハチまで、暮らすものすべてがロボットの街。多様なメカニックデザインと、SFっぽい世界観の近未来絵本!ワクワクしました♪ 6歳

  • 遠い日 さん

    こもりまことさんの絵を求めて。働き者の古いロボット、キュキュの仕事ぶりは、こうありたいお手本みたい。喜びと責任感を持って、完璧に仕事をこなす。自分がやらなきゃ片付かない。みんなが気持ちよく使うために、あれもこれも手際よく。おそうじは絶対必要なことだから、キュキュのピンチにみんながあたふた。キュキュの存在のありがたさがよくわかったアクシデントだったけれど、キュキュの回復にほっとしたのも事実。

  • ちみたんママ さん

    〈息子喰いつき度〉★★★☆☆〈私気に入り度〉★★★☆☆ Pixarアニメの「ウォーリー」みたいな世界観。表情はないのにキュキュが可愛く見えるから不思議。5歳息子も大喜び。壊れたシーンでは「もう戻ってこないのかな…」と本気で心配してました。難しいことは考えず目の前のことをひたむきにやればいいと、さりげなく教えてくれる一冊です。

  • もっしゅるーむ さん

    バルンくんの作者の方の本だと、こちらのレビューを見て知った。キュキュ、ドローンに乗って帰ってくるなんて、時代だなぁ、と思ったら2021年1月初版。やっぱり新しい絵本だった。息子、先に自分で読んでいた後に読み聞かせ。【小2】

  • suiu さん

    こもりまことさんの絵は子どもを虜にしますね。大人も夢中です。 おそうじロボットって、掃除機タイプを想像してたので全然違ってかわいかったです。 ちょっと、WALLーEが見たくなりました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

こもりまこと

1948年京都生まれ。大阪デザイナー学院卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品