鏡のなかのボードレール 境界の文学

くぼたのぞみ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784907986209
ISBN 10 : 4907986203
フォーマット
出版社
発行年月
2016年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
209p;20

内容詳細

目次 : コンスタンシアの葡萄酒より/ エキゾチックな香り/ 髪と猫/ 日本語とジャンヌへの眼差し/ 鏡、あるいはジャンヌの瞳/ 鏡のなかのボードレール/ ボードレールと日本/ 『悪の華』と翻訳―詩と抒情詩の違い/ J.M.クッツェーのたくらみ、他者という眼差し/ ボードレールになってみる/ ブラック・ヴィーナス アンジェラ・カーター

【著者紹介】
くぼたのぞみ : 1950年、北海道新十津川生まれ。翻訳家、詩人。東京外国語大学フランス語科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • rinakko さん

    ボードレールからクッツェーまで…という旅の記録。とてもよかった。ボードレールの生涯の愛人、詩人のミューズでもあり、ジャンヌ・デュヴァル詩篇の中にそのエキゾチックな姿をあらわすムラータの女性について、そして肌の黒い女性としてヨーロッパで見せ物にされたサラ・バートマンについて。更に、日本男性の性的嗜好(白人女性への畏怖と植民地の有色女性への蔑視)と、それを支えたのは日本女性の意識…という構図へと考察は繋がっていく。クッツェー『恥辱』をとり上げた章では、ムスリムの女性ソラヤの眼差しの意味が解かれていく。

  • belier さん

    J・M・クッツェーの生地で飲んだワインをきっかけに古い記憶がよみがえり、著者が過去に関心の対象としたボードレールの世界へ入り込む。現在の著者は主にアフリカ文学を専門とする翻訳家。そのとき飲んだワインは「フロート・コンスタンシア」でボードレールのアフリカ系の愛人ジャンヌ・デュヴァルと関係が深いものだった。エッセイはジャンヌ・デュヴァルとボードレール、フランスとアフリカそして日本を心地よい文体でさ迷い歩き、クッツェーにも立ち寄る。ボードレールの訳詩とデュヴァルを描いたアンジェラ・カーターの短編も楽しめる。

  • 渡邊利道 さん

    アフリカ文学の紹介者として知られる翻訳家・詩人が、ボードレールのデュヴァル詩篇を訳しながら、その背景と日本での受容を著者の個人史的回想を交えながら綴る長篇エッセイ。考察は入り組んでいるものを感じさせつつ案外あっさりした感じで、ポストコロニアルな熱情と日本社会に対する激しい批判を時折のぞかせるものの、筆致はほとんど穏やかだ。とりあげられている文人ではなんといっても安東次男に関するものが興味深かった。

  • 釦 さん

    姿見に右手を伸ばす。こちらを見ているのは左手を鏡にのばしているボードレールだ。昔、詩集で読んだ。忘れたと思っていたのに、ちゃんといたのだ。わからない言葉もあったし明らかな誤読もあっただろう。なのに、今はよく知っている親類のようではないか。微笑みさえ浮かべて。私のなかで小さかったボードレールは間違いなく成長した。無意識のインキュベーター。同じように私は無数の顔を持つ。アンソールのあの絵みたいだ。

  • t-kan さん

    シャルル・ボードレールと恋人ジャンヌ・デュヴァルの関係を軸として、著者自身の個人史、南アフリカ・ケープタウンの歴史、『悪の華』の日本語への翻訳、クッツェーの小説の中でのさりげない言及など、様々な「鏡」に映し出されたボードレールの詩についての随筆。陳腐な表現だが、欲望を投影する存在としての有色の女が見つめ返すという、その構図のどきりとする感覚を味わうことのできる本。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品