おもちのきもち 講談社の創作絵本

かがくいひろし

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784061323230
ISBN 10 : 4061323237
フォーマット
出版社
発行年月
2005年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
27cm,1冊(ページ付なし)

内容詳細

ペッタン、ペッタンと頭を叩かれた上、人間に食べらてれしまうお餅。お正月、鏡餅はある決心をした…。びっくり、めでたい、驚愕の「お餅ワールド」。〈受賞情報〉講談社絵本新人賞(第27回)

【著者紹介】
かがくいひろし : 1955年、東京生まれ。’80年東京学芸大学教育学部美術学科卒業後、学校勤務のかたわら、人形劇の活動や紙を使った造形作品の制作、発表を行う。第13回紙わざ大賞展準大賞受賞。第26回講談社絵本新人賞で佳作受賞、『おもちのきもち』で第27回講談社絵本新人賞を受賞し、50歳で絵本作家としてデビュー。現在、千葉県在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Kawai Hideki さん

    気がついたらぺったんぺったん頭を叩かれ、棒でのされたり、プッチンとちぎられたりするお餅の気持ちになった絵本。表紙の鏡餅が主人公。食べられてはたまらんと、逃げ出すのだが・・・この絵本で初めて、餅の大根おろし漬けや、納豆と一緒にまぜて食べる食べ方があることを知った。

  • かおりママ さん

    4歳8ヶ月。図書館本。かがくいひろしさんの絵本を何冊読んだら、すっかりファンなった。古風の絵とユーモアなお話にすっかり魅力された。今年も後少し、そろそろかがみもちを用意しようかな。ペッタンしたばかりのおもちはやはりおいしいけど、この本を読んだら、おもちのきもちも考えなきゃね。でも食べたい。どうすればいいかなぁ。娘と笑いながら読了。

  • つくよみ さん

    図書館本:おもちをモチーフにしただけに?絵がとてもほんわかしていて、やわらか〜い作品。頭を杵でたたかれていた最中に自我をもったって・・・その後も、ちぎられたり、かけられたりと、おもちって色々大変。逃げ出したくもなるよね。おもちに同情しつつも、やっぱりおもちは美味しいし・・・なんとも和める作品♪

  • miyumiyu さん

    おもちも いろいろ大変なんだなぁ。愚痴りたくもなるよね(笑)納豆もち、大根おろしの絡めもち、大好き!食べたくなってきた。

  • パフちゃん@かのん変更 さん

    おもしろいです。かがみもちもいろいろたいへんなんですね。そして、脱走・共食い・・・だんだん固くなってきて・・・こんなことに。でも、今時は本物のおもちのお鏡餅を飾る家が減ってきているから、子どもたちの共感を得られるかどうか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品