おむすびさんちのたうえのひ PHPわたしのえほんシリーズ

かがくいひろし

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784569686851
ISBN 10 : 4569686850
フォーマット
出版社
発行年月
2007年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
26cm,32p

内容詳細

今日は、おむすびさんちの田植えの日。おむすび村やおいなり村から、仲間たちも手伝いに来てくれ、おいしいお米ができるようにと、せっせと田植えを始めた。お昼になって、お弁当を食べていると…。

【著者紹介】
かがくいひろし : 加岳井広。1955年、東京に生まれる。東京学芸大学教育学部美術学科卒業後、学校勤務のかたわら、人形劇の活動や紙を使った造形作品の制作、発表を行う。第13回紙わざ大賞展準大賞受賞。第26回講談社絵本新人賞で佳作受賞。第27回講談社絵本新人賞を受賞した『おもちのきもち』で絵本作家としてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Kawai Hideki さん

    農村の、村を総出で田植えを手伝いあうお話。主人公がおむすびで、手伝いにやってくるのが、おにぎりの具のタラコ、昆布、梅干し、シャケや、のり巻きやおいなりさんなのが面白い。そして、案の定、お昼はみんなでおにぎりを食べるのであるが、それは共喰いにならないのか、微妙な感じが残る。娘は「お母さんいないねえ」とコメント。確かに、表紙のお父さんと子供達しか描かれていない。そんな家庭の事情も察するようになっているとは。

  • つくよみ さん

    図書館本:今日は、おむすびさんの家の田植えの日。集まってくれたお手伝いさん達は、しゃけさん、たらこさん、おかかさん、うめぼしさん、こんぶさん。おいなりさんに、ほそまきさん、ふとまきさん。みんな、おにぎりの具とか、お米つながりの面々。みんなで「せっせのせ」と、田植えを頑張り、強力な助っ人、すしネタ繋がりのたこどん、いかどんの助けも借りて、無事に終了。柔らかい絵で描かれた、コミカルなキャラクターと、広がりのある風景。特に、仕事上がりの夕焼けが素晴らしい。明日はおいなりさんの家の田植え。お米に感謝を♪

  • masa@レビューお休み中 さん

    毎度のことながら、かがくいさんの発想はすごい。驚愕してしまうくらいで、かといってブラックな感じでもないんですよね。おむすびさんちは農家で、今日はみんなで田植えをする日。おにぎりの具材の鮭さんや梅干しさんなんかも手伝いにきて、みんなでせっせとせっせと畑仕事をしていきます。まさか、仕事が終わった後は…とブラックな想像をしてしまいますが、そんなことはないのでご安心を。おにぎりの素はこれなんだよ。おにぎりの中身はこれなんだよ。そんなことを教えながら、子どもたちに読み聞かせることができる絵本なのかもしれませんね。

  • えり さん

    今日はおむすびさんちの田植えの日。お手伝いの皆がおにぎりの具になる鮭さんとか梅干しさん、おかかさん、他にも海苔巻きさんや、いなり寿司さんなどなど!途中から最強助っ人が来るのですが、さて誰でしょう?なるほど、確かに!って思いますよ♪田植え後の皆の姿は、いかにも「疲れたー!」って感じがよく出てて、「みんなお疲れ様ー!」って言いたくなります♪

  • すんちゃん さん

    かがくいさんの絵本は、どれも味があって温かい。おむすびさんちの田植えを手伝いに来た、しゃけさん、たらこさん、おいなりさんにのりまきさん。たこさん、いかさんまで。たこさん、いかさんの田植えは早い早い‼︎ 田植えを始めるポーズも決まってます‼︎ 昔はこんな風にご近所で助け合って田植えをしていたんでしょうね。ノスタルジックな雰囲気も素敵な絵本でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品