俺、つしま

おぷうのきょうだい

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784093886178
ISBN 10 : 4093886172
フォーマット
出版社
発行年月
2018年04月
日本
追加情報
:
176p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • SJW さん

    デブ猫好きにはたまらないコミック、コミックに抵抗があったが、15年ぶりに読んでみた。図々しい大食いののら猫が家に徐々に居つく話。2〜数ページの短編マンガ(?)となっている。モデルの猫は作者に飼われていて、写真も載せられているが、マンガの絵は本物そっくりで笑える。猫を飼っている人はあるあると頷いてしまうのではと思う。

  • いつでも母さん さん

    コミックです。久々にホッとするのを読んだ感じです。この表紙!いいでしょう?開くともっといいんですよ。本当にこんな会話や思いが聴こえてくるようなんです。嗚呼、続きが読みたい!体調不良からの復帰にはもってこい!の作品でした。お薦めです。

  • yoshida さん

    猫好きな私にはたまらない作品。リアルに描かれる猫達。女性だけどおじいちゃんと思われている飼い主との日常。つしまがゴハンをお腹いっぱい食べる理由。その回想に微笑ましさと哀しさを感じる。くいんくいんや足枕が猫あるあるで良いですね。どうしても避けられない別れ。ずん姐さんの別れは今まで一緒に住んでいた猫達を思い出した。リアルな猫の描写と写真にうっとり。やっぱり猫が好きだし、いつかまた猫と暮らしてみたいと思いましたね。

  • 馨 さん

    読み友様のレビューを読んで気になり、すぐにチェックしました。凄く私好みなツシマが最高に可愛かったです。飼い主のおっちゃん(?)も良い人で何よりでした。甘えるのが嫌いなのかと思いきややっぱり甘えたり、食べ物の好みがあるかと思いきや無いかもしれない猫って普段こんなこと考えてるのかなと想像するのも楽しかったです。

  • mint☆ さん

    もっとメルヘンな感じを想像していたんですが、つしまは意外とリアル。でもおじいちゃんは青い。(そして女性。なぜ?!)つしまのどっしりモフモフ具合が可愛い。デフォルメされた絵かと思ったら写真そっくり。おじいちゃんの奴隷化が、あーわかるわかる!って笑える本かと思ったらほろりとする場面も。「これからずっと一緒!」「はぁい」の場面がなんか好き。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

おぷうのきょうだいに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品