いわむらかずお (岩村和朗)

人物・団体ページへ

14ひきのあさごはん 14ひきのシリーズ

いわむらかずお (岩村和朗)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784494006199
ISBN 10 : 449400619X
フォーマット
出版社
発行年月
1983年07月
日本
追加情報
:
27cm,1冊

内容詳細

もりのあさ。のいちごつんで、どんぐりのこなでパンづくり。きのこのスープもできた。みんなでつくった、あさごはん。14ひきのあたらしい一日のはじまり…。〈受賞情報〉絵本にっぽん賞(第6回)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Kawai Hideki さん

    今週の娘イチオシヒット。「14ひきのひっこし」の次の日の朝、新天地での朝ご飯の風景かな?娘がファンになったなっちゃんは縞模様の服からチェックの服に着替えてしまったので、最初はとまどったが、すぐになれて、ページ毎になっちゃんを探していた。いろいろな事が絵に描き込まれているので、「なっちゃん落ちそう、あぶないよ」とか「この子はどうして泣いてるの」とか、娘がいろんなことを絵から読み取っているのが分かり、印象深かった。14ひきそれぞれの性格もだんだん分かってきて、なんだか家族ぐるみの付き合いになってきた感じ。

  • らったった さん

    絵がほのぼのしていて癒されます(^^)読友さんが、お子さんに読み聞かせたり、ちっちゃい頃読みました!という感想が多かったので、すごい興味がありました。納得!他のシリーズも読みたくなってきました(*^^*)

  • momogaga さん

    【大人こそ絵本を】大家族の物語にあこがれます。兄弟が9人もいたらどんなに楽しいだろうか。時にはうざくなるかもしれないけど、やっぱり心強いだろうな。

  • nakanaka さん

    朝ごはんをみんなで協力して作って美味しくいただくというごく普通の話ですが、14匹それぞれが活き活きとしていて見ていて飽きません。 なにより岩村さんの自然描写が美しく癒されます。

  • らったった さん

    あれ(゜゜;)昔、読んでたんですね。やっぱり、ご飯はみんなで食べたほうがおいしいに決まってます(^^)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

いわむらかずお (岩村和朗)

1939年東京都生まれ。東京芸術大学工芸科卒。1998年栃木県馬頭町(現・那珂川町)に「いわむらかずお絵本の丘美術館」を開館、絵本・自然・子どもをテーマに活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品