いわむらかずお (岩村和朗)

人物・団体ページへ

もりのあかちゃん 至光社ブッククラブ国際版絵本

いわむらかずお (岩村和朗)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784783401681
ISBN 10 : 4783401683
フォーマット
出版社
発行年月
1988年06月
日本
追加情報
:
26×26cm,1冊

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    こりすの兄弟が春の森でいろいろなものをみつけました。 けむし、さくら、ことりの赤ちゃん。 ことりの赤ちゃんは何を食べるのだろうという、好奇心から話が広がっていきます。 春らしいわくわく感があって素敵な絵本です。

  • いろ さん

    「14ひき」シリーズで息子にも馴染み深い いわむらさんの「こりす」シリーズから,春らしい1冊を。3匹小リスが迷子らしい小鳥の赤ちゃんのために餌探しするお話。色んな食べ物を考え与えるけど,まさか!? 事実を知って驚く様子が面白い。8歳男児は「ぽろ が あかちゃんに なりました。」と,最後に小リスがお母さんからスプーンで食べさせてもらう場面にケラケラ喜ぶ。この絵本が「大好き!」と何度も読み返すのには,母(私)は少し意外だったけれど,嬉しかった^^ 優しい自然の光に溢れるいわむらさん絵には,いつも癒される。

  • いっちゃん さん

    最後、あかちゃんがえりしたのが可愛い。

  • 麻友 さん

    ★★★★☆

  • i-moko さん

    14匹も出てこないので誰が誰かわかりやすい。3匹の仲良しリスの兄弟のお話。鳥の赤ちゃんもおいしいご飯が食べられてよかったね。5歳の次女は、最後にリス一家が食べている食事がとっても気になった様です。何を食べているのかなーー??

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

いわむらかずお (岩村和朗)

1939年東京都生まれ。東京芸術大学工芸科卒。1998年栃木県馬頭町(現・那珂川町)に「いわむらかずお絵本の丘美術館」を開館、絵本・自然・子どもをテーマに活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品