ながいながいペンギンの話 新・名作の愛蔵版

いぬいとみこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784652005019
ISBN 10 : 4652005016
フォーマット
出版社
発行年月
1999年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,195p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あん さん

    はじめて読んだのは私が小2の時でした。当時の担任の先生が読み聞かせをしてくれたのをきっかけに、両親に買ってもらい夢中になって読んだ本でした。物語はすっかり忘れていたのですが、読んでいるうちに思い出して、とても懐かしくなりました。何十年も前の作品ですが、全く色褪せることのない名作です。

  • 水の国の雨巫女。 さん

    《私-図書館》子ペンギンたちの冒険にハラハラ。だんだん大人になっていくペンギンたちが愛しい。

  • mm さん

    先日図書館の児童書コーナーでたっぷり借りてきたので、しばらく児童書フェア。子供の頃、読んでみましょうお勧め本リストみたいなのに載っていたような薄い記憶がある。で、読んでみました。ダーウィンが来た的な自然の力を擬人化して見てしまうのは、今ならあまり評価されないかもしれない。また、野生動物と人間の交流を単に心温まるものと見る見方も、あまり評価されないかもしれない。野生動物の世界に不必要に不用意に介入する事は良くないことという方が主流かなあ。本筋と無関係に、こんな風に常識は変わるのだということに感心してした本。

  • たまごふりかけ さん

    昔読んだ。また読んでみたい

  • とりぴよ さん

    なぜだかこの頃、子ども時代に読まずに来てしまった「児童文学の古典的名作」を今読んでおかなくては!という焦りのような気持ちにかられてます。これは1963年初版。子どものときに読んだら、ハラハラドキドキできたかな?こういうやんちゃな息子さんを持ってお母さんペンギンさんご苦労様です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

いぬいとみこ

1924年、東京生まれ。岩波書店で児童書の編集をするかたわら、創作活動をつづける。『ながいながいペンギンの話』で毎日出版文化賞を受賞。『木かげの家の小人たち』で第1回国際アンデルセン賞国内賞受賞。『北極のムーシカミーシカ』で第5回国際アンデルセン賞佳作賞受賞。『光の消えた日』と『白鳥のふたごものがた

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品