バッテリー 2 教育画劇の創作文学

あさのあつこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784774604282
ISBN 10 : 4774604283
フォーマット
出版社
発行年月
1998年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,356p

内容詳細

自分自身であり続けるために、傷つきながらもマウンドに立つ巧…。誇り高き少年たちを描く人気シリーズ。〈受賞情報〉日本児童文学者協会賞(第39回),小学館児童出版文化賞(第54回)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 雨伽詩音 さん

    舞台はいよいよ中学校へ。顧問の戸村先生の威圧感や、リンチの凄惨さはアニメ版を遥かに凌ぐもので、軽やかな文体から漂う生々しい空気感はあさのあつこの筆力を感じさせる。どんな大人を相手にしても揺るがない巧の姿勢に、背筋を正されるような気がした。それでも豪や仲間たちの中に溶け込みつつあるのだから、彼の成長を感じずにはいられない。随所に垣間見える豪のやさしさや、青波のあどけない可愛らしさに癒された。

  • ソラ さん

    ハラハラの第2巻。中学に入学し、野球部に入部するも、巧はたくさんの問題とぶつかる。支配しようとする教師、圧力をかけてくる先輩、うやむやにしようとする学校。それでも自分や仲間を信じ、まっすぐに進む巧がかっこよかったです。子どもにはどうにも出来ないこともあるけど、巧達ならきっとそれを覆してくれると思います。青波の存在が、読んでいてほっとしました。続きが気になる!

  • april-cat さん

    うーん、なんで今まで喰わずぎらいで手に取らなかったんだろう。こんなに面白いのに。仕事中、手放せなくなって困った(;^_^A さすがに3巻に手を出すのだけは、歯を食いしばってこらえたけど。巧はしょうがない部分満載だけど共感できてしまう一方、展西みたいな人間は本当に理解しがたい。校長もよくわからん。私ってまだまだ子どもなのかな。

  • ゆう さん

    野球部ってこんなにドロドロのか!?爽やか青春スポーツ小説とばかり思っていたけれど、重松清の小説に出てきそうなエピソードだなぁ。相変わらず、巧の強気がいいですね。となりにこんな友人がいたら嫌だろうけど(^_^;)

  • まげりん さん

    豪の、巧に対する気持ちが憧れから対等な立場になっていく。それでもまだ自分しか信じられない巧が徐々に豪に、そしてほかの仲間達に向けられていく。女の子も出てきてストイックでモノクロだった巧の回りが少し色が入った。理不尽なことをそう言えてしまう巧がうらやましくも有り、大人の私から見ると危うくもある。また豪の選択は正しいと思いながら、妙な物わかりの良さに物足りなさも感じる。途中恋愛小説でも読んでるんじゃないかと思うほどのやりとりにどきどきした。あれ?私だけ?(^^;;

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

あさのあつこ

1954年岡山県生まれ。青山学院大学文学部卒業。小学校講師を経て、91年に作家デビュー。『バッテリー』で野間児童文芸賞、『バッテリー2』で日本児童文学者協会賞、『バッテリー1〜6』で小学館児童出版文化賞を受賞。2011年、『たまゆら』で島清恋愛文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載さ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品