たまごねえちゃん ひまわりえほんシリーズ

あきやまただし

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784790251347
ISBN 10 : 4790251349
フォーマット
出版社
発行年月
2005年09月
日本
追加情報
:
27cm,1冊(ページ付なし)

内容詳細

たまごねえちゃんはお父さんが大好き。いつも色々なわがままを言って甘えている。でも、疲れてへなへなのお父さんを見たたまごねえちゃんは、お父さんの足を揉んであげようと…。親子の心温まる絵本。

【著者紹介】
あきやまただし : 作家。東京生まれ。東京芸術大学デザイン科卒業。『はやくねてよ』(岩崎書店)で1995年日本絵本大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たまきら さん

    たまごにいちゃんにつづいて。お父さんにベタベタに甘えているオタマさんですから、読み進めるうちにおしりがこそばゆくなったもよう。「…たまちゃんはここまでじゃないよね」だって。あはははは。

  • たまきら さん

    たまご…シリーズがあるんですよね。いつも借りられているので初めて借りられました。オトンとオタマのようでにっこり。かわいい親子の話です。ちょっと自立する最後ににっこり。はなかっぱくんの人なんですね。

  • 片腕の雨巫女。 さん

    《書店》こちらは、殻を脱ぎたいんだね。やっぱりたまごねえちゃんいいねえ。

  • 遠い日 さん

    たまごねえちゃんを読むと、子どもというのは成長せずにはいられない存在だと感じる。おとうさんの自分への気持ちを逆手にとり、自分をおとうさんが望む愛らしいままの存在に仕立て上げてはいても、心はそれより先にずっと大きくなっている。父を思いやり、労る心が育っている。愛しい我が子の成長を願わずにはいられない反面、どんどん大きくなる姿を目の当たりにして、寂しさを隠しきれないのも本当のこと。いい親子関係だ。

  • 太田青磁(Sage) さん

    父親はムスメに振り回されるのだね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

あきやまただし

1964年、東京に生まれる。東京芸術大学デザイン科を卒業。『ふしぎなカーニバル』(講談社)で第14回講談社絵本新人賞を、『はやくねてよ』(岩崎書店)で’95日本絵本大賞を、『いしをつんだおとこ』(ハッピーオウル社)で第62回産経児童出版文化賞美術賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載され

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品