「クリエイティブ・マネージメント」編集チ

人物・団体ページへ

クリエイティブ・マネージメント 「デザイン」を広げるプロデュース術

「クリエイティブ・マネージメント」編集チ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416810521
ISBN 10 : 4416810520
フォーマット
出版社
発行年月
2010年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
208

内容詳細

主にデザインオフィスのマネージメント、プロデュース担当者たちが、それぞれマネージメント/プロデュースする際の肝となっている部分に焦点を当てながら、日々の業務内容、ケーススタディなどを語る。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • yuma さん

    コミュニケーションの潤滑油となり、クライアントとクリエーター双方が気持ち良く仕事が出来る環境を整えること。クリエイション以外の調整を一手に引き受けることで、クリエーターの最高のパフォーマンスを引き出すこと。「いつでも元気でい」ること。自らの役割を的確に把握し行動する彼女達の一流のサポートがクリエーターの大きな支えになっているのだろう。素晴らしい仕事だと思う。

  • oyamadashokiti さん

    6つのデザイン事務所のそれぞれのマネジメント術が載っている。サムライとグッドデザインカンパニーがためになった。

  • TAKAMI さん

    クリエイティブディレクションを行うデザイン会社の、クリエイティブではなくオペレーション、マネージメントに目を向けた本。たまたまか意図的かわからないが、取り上げられたキーパーソンはみな女性。自分もこの役割を担えるようになりたいけど、女性の方が向いているとかあるのだろうか?

  • Takuya Araki さん

    デザイン会社プロデューサーのインタビュー集。 ドラフトの中原さん、日本デザインセンターの紫牟田さんほか。 6人のプロデューサーの共通項をあぶり出せば、いい仕事のスタイルが生み出せそう。

  • chie さん

    図書館でさらりと。あまりしっくり来なかったし目新しさもなかったかなと。ただ、ここに載っている会社は気になった。★☆☆☆☆

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品