人物・団体(アーティスト)

人物・団体(アーティスト) My ページにブックマーク登録する

ページで絞り込む

人物・団体名(アーティスト)で
絞り込む

表示順:

Neil Young

Neil Young ( ニール・ヤング ) アーティストTOP 商品一覧

はじめてニール・ヤングの歌声を聴いたときは、軽いショックを受けた。なぜならその声を聴く以前に、雑誌だかLPのジャケットだかで、彼のゴツい風貌を目にしていたからだ。その体躯に似合わぬ繊細な高音ヴォーカル、と当初は思ったわけだが、今ではあの顔にしてこの声、というのが分かち難く結びついてしまって、当初どのような声を想像していたのか思い出せないほどになっている。 続きを読む

登録  

倉木麻衣

倉木麻衣 ( クラキマイ ) アーティストTOP 商品一覧

登録  

TEAM H

TEAM H ( チームエイチ ) アーティストTOP 商品一覧

登録  

Billy Joel

Billy Joel ( ビリー・ジョエル ) アーティストTOP 商品一覧

Billy Joelが批評家のお気に入りだったことはまず無いが、ピアニストとして出発した後、70年代後半には稀代のシンガー・ソングライターとして頭角を現している。Billy Joelの音楽はBeatlesへの思慕が常に感じられるようなノリとTin Pan Alleyやブロードウェイの影響が色濃いメロディが核になっている。 続きを読む

登録  

チャットモンチー

チャットモンチー ( チャットモンチー ) アーティストTOP 商品一覧

登録  

UNISON SQUARE GARDEN

UNISON SQUARE GARDEN ( ユニゾンスクエアガーデン ) アーティストTOP 商品一覧

登録  

原田知世

原田知世 ( ハラダトモヨ ) アーティストTOP 商品一覧

登録  

Deep Purple

Deep Purple ( ディープ・パープル ) アーティストTOP 商品一覧

1967年に結成されたディープ・パープル 。1976年から1984年までの8年間にわたる活動休止期間はあるものの、現在も「第9期」メンバーにより存続するモンスター・バンドです。この「第9期」という数からお判りのとおり、度重なるメンバー・チェンジが行われたバンドとしても知られています。まず、そのメンバーの移り変わりからご紹介しましょう。 続きを読む

登録  

B'z

B'z ( ビーズ ) アーティストTOP 商品一覧

数多くのアーティストのスタジオ・ワーク、ツアー・サポート等の活動をしていた松本孝弘が、自らの音楽を表現できるバンドを創るという構想のもと、稲葉浩志と出会い、1988年に結成。同年9月21日にシングル「だからその手を離して」とアルバム『B’z』の同時発売でデビュー。 続きを読む

登録  

Fleetwood Mac

Fleetwood Mac ( フリートウッド・マック ) アーティストTOP 商品一覧

サヴォイ・ブラウンやスタンウェブズ・チキン・シャックとともに、三大英ブルース・ロック・バンドとして知られた初期のフリートウッド・マックは、後にアメリカ人メンバーを加えるなどして徐々に音楽性を変えていき、ついには全米ナンバーワンを獲得する人気ポップ・バンドへとなった。そうした彼らの活動の軌跡は他にはないユニークなものである。 続きを読む

登録  

X JAPAN

X JAPAN ( エックスジャパン ) アーティストTOP 商品一覧

登録  

hide

hide ( ヒデ ) アーティストTOP 商品一覧

Xのギタリストとしてデビューし、XJAPAN解散後、Hide名義で活動。ヒット曲を多数リリースする。その後、Hide with Spread Beaverとしてシングル「ROCKET DIVE」をリリース。 1998年5月2日、不慮の事故により永眠。現在もなお多くの支持を得ているそのサウンドは、彼の生き様が投影されたまさに唯一無二の音楽性を秘めている。 続きを読む

登録  

EXO-CBX

EXO-CBX ( エクソチェンベクシ ) アーティストTOP 商品一覧

登録  

FTISLAND

FTISLAND ( エフティアイランド ) アーティストTOP 商品一覧

2007年、現役高校生バンドとして韓国で発足した5人組バンド「FTISLAND」。10代の圧倒的支持を得てゴールデンディスク新人賞を獲得するなど、韓国の各音楽新人賞を総なめ。近隣諸国を駆け巡り精力的にツアーを行い、アジア圏で名を轟かせる。 2010年、J-POPをも凌駕するといわれるK-POPブームの最中、一際異彩を放つバンド 続きを読む

登録  

Keith Jarrett

Keith Jarrett ( キース・ジャレット ) アーティストTOP 商品一覧

1990年代中盤過ぎ、精神的なプレッシャーから、立ち止まったキースだが、『Melody At Night With You』で見事復活、さらに2000年にはパリでのスタンダード・トリオによるライブ盤『Whisper Not』を発表する。確かに、かつての氷を凍らせるようなハイテンションと、鼓膜を緊張させる美しいピアニズムにはまだ遠いが、キースの持ち味を十分に発揮した演奏は、21世紀に向かって彼の新し 続きを読む

登録  

大滝詠一

大滝詠一 ( オオタキエイイチ ) アーティストTOP 商品一覧

細野晴臣、松本隆、鈴木茂ら4人で結成されたバンド、“はっぴいえんど”を解散後、ソロ活動を開始した大瀧詠一。『ナイアガラ・レコード』を立ち上げ、そこから、シュガーベイブの“Songs”を第一弾としてリリース、以後、大瀧のソロ・アルバム、プロデュース作品などをリリース。1981年に発売された“ロング・バケーション”のセールスは、これまでの記録を打ち破るものだった。楽曲の良さもさることながら、そのしっと 続きを読む

登録  

平井堅

平井堅 ( ヒライケン ) アーティストTOP 商品一覧

平井堅の第一の魅力は、やはりその表情豊かな声質とテクニックに裏づけされた歌唱力にあるだろう。元の地声が細い上に、ファルセットの音域が非常に広く、高音から徐々に音程を下げていき地声に繋げるテクニックは抜群で、この歌い方は彼のどの曲にも多用されている。これが彼の声から癒しを感じるひとつの要因となっている。そして、ひとつのスタイルに捕らわれることなく、果敢に挑戦していくスタイルが彼を第一線で活躍させてい 続きを読む

登録  

ヤバイTシャツ屋さん

ヤバイTシャツ屋さん ( ヤバイティーシャツヤサン ) アーティストTOP 商品一覧

登録  

ASIAN KUNG-FU GENERATION

ASIAN KUNG-FU GENERATION ( アジアンカンフージェネレーション ) アーティストTOP 商品一覧

インディーズからリリースされた『崩壊アンプリファー』が、インディーズチャート、オリコンインディーズチャートで異例のヒットを飛ばし、注目を集めたASIAN KUNG-FU GENERATION。心揺さぶるメロディー、圧倒的なソングライティング力、そしてバンドの素晴らしさを教えてくれる初期衝動と破壊力を持持ったサウンドが魅力。 続きを読む

登録  

%%header%%閉じる

%%message%%