Books

キノコと人間 医薬・幻覚・毒キノコ

ニコラス・マネー

Product Details

Genre
ISBN/Catalogue Number
ISBN 13 : 9784806715221
ISBN 10 : 4806715220
Format
Books
Publisher
Release Date
September/2016
Japan
Co-Writer, Translator, Featured Individuals/organizations
:

Content Description

生物界の王者、菌類の生殖器として、10億年をかけて、ユニークな進化を遂げてきたキノコ。このキノコと命がけで関わってきた人間の歴史を菌類研究の第一人者が、8つのストーリーで解き明かす。

目次 : 第1章 芝生の天使―キノコはどのようにして育つのか/ 第2章 ヒダの運動―キノコが胞子を飛ばす見事な仕掛け/ 第3章 キノコの勝利―キノコを作る菌類の多様さとその働き/ 第4章 悪食―キノコ狩り/ 第5章 ホワイト種とベビーベラ―地球規模になったキノコ栽培/ 第6章 タマゴテングタケと肝機能不全―毒キノコとキノコ中毒/ 第7章 ヴィクトリア朝風のヒッピー―モーデカイ・クックとキノコ中毒の科学/ 第8章 寿命は延ばせるのか―キノコと医薬品

【著者紹介】
ニコラス・P.マネー : イギリス生まれ、エクセター大学で菌類学を学ぶ。アメリカ合衆国オハイオ州オックスフォードにあるマイアミ大学で、植物学とウエスタン・プログラムの学部長を務める。70報を超える菌類学に関する研究論文を書き、菌類に関する単行本を出し、『ネイチャー』誌上で「素晴らしい科学的・文化的な探究である」と称賛された

小川真 : 1937年京都府生まれ。京都大学農学部卒業。同博士課程修了。農学博士。森林総合研究所土壌微生物研究室室長、環境総合テクノス生物環境研究所所長を経て、大阪工業大学工学部環境工学科客員教授。日本林学賞、ユフロ(国際林業研究機関連合)学術賞、日経地球環境技術賞、愛・地球賞(愛知万博)、日本菌学会教育文化賞など、数々の賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
  • 北澤 繁太

    【真性の変態であります】

    きたきた、変態きたー!(笑)以前『マイコフィリア』というキノコ愛好症を患った変態の本を紹介しました。ここにもいます、同じ病におかされた変態が。キノコに纏わる八つのエッセイ。変態の世界へいらっしゃ〜い!

    よく見たら、著者は以前読んだ『生物界を作った微生物』のニコラス・マネーではありませんか。その独断と偏見に満ちた筆致が思い出されます。勢い余ったところはありますが、それくらいでないと面白みがありません。

    いつものごとく、後ろから読みます。お尻読みです。マネーさんの謝辞と小川真さんの訳者あとがきを読めば、いかにこの本が変態感に満ちた一冊であるかがわかります。マネーさん、変態を通り越して、変人であります。

    「妻であり、研究仲間でもあるダイアナ・デイビスが、一字一句原稿に目を通してくれたので、異論があれば、共同責任者として彼女に申し出ていただきたい。なお、本書の中の誤りや見落としに関して、私は一切の責任を負わないと言っておこう。」

    面白すぎる(笑)変人かつ変態であるということは「まじめな」研究者であることの裏返しでもあります。ここには菌類研究の第一人者として、菌類の真の姿を広く伝えていきたいという意思がむんむん溢れているのです。

    マイナーな領域に携わる研究者は、研究対象の重要性を世間が認めてくれないと憤慨する病を患うことがある。訳者は「マネー型シンドローム」と称しており、自身も患ったと告白しています。ここにも変態がいたか(笑)

    マネーさんの著書、先に挙げた一冊以外に『ふしぎな生きものカビ・キノコ』『チョコレートを滅ぼしたカビ・キノコの話』と面白そうな著作があります。全て小川真さんの訳。四冊目の本書は随分とてこずったようです。

    「今まで手掛けた三冊に比べて、この本は文章が難解なだけでなく、訳のわからないジョークや皮肉、比喩などが出てきてかなりてこずった。難解な文章に慣れている妻に助けてもらって、ようやく翻訳作業を終えた。なお、日本語に訳しても意味がない皮肉やジョークは省略した。」

    お前はジェイムズ・ジョイスか!と突っ込みたくなる件でした(笑)相変わらずの独断と偏見に満ちた筆致ではありますが、だからこそ面白い。キノコに対する愛が満ちあふれています。変態はこうでなければいけません。

    キノコの生物としての姿、社会菌類学における問題点、キノコがいかに人類と結び付いてきたか、いかなる迷信を抱かれそれから脱却してきたのか、キノコにまつわるエトセトラが楽しめる一冊です。マイコフィリア万歳!

    「聖書には「百合を思え」とあるが、「キノコを知れ」のほうが愉快なのだが。」

    やっぱり、真性の変態であります。

Recommend Items