CD Import

Complete Orchestral Works : Markl / Lyon National Orchestra (9CD)

Debussy (1862-1918)

User Review :5.0
★
★
★
★
★
(5)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
8509002
Number of Discs
:
9
Label
:
:
International
Format
:
CD
Other
:
Import

Product Description

Debussy: Complete Orchestral Works

La Mer
Prelude a l'apres-midi d'un faune
Trois Nocturnes
Pelleas et Melisande - Symphonie - arr M Constant
Images for orchestra
Le Martyre de Saint Sebastien
Khamma - compl Koechlin
La Boite A Joujoux - orch Debussy & A Caplet
6 Epigraphes antiques - orch E Ansermet
Suite Bergamasque - orch G Cloez & Caplet
Petite Suite - orch H Busser
En blanc et noir - orch R Holloway
L'isle joyeuse - orch B Molinari
Preludes - Books 1 & 2 (24, complete) - orch C Matthews
Printemps, suite for piano 4 hands or orchestra, L. 61 - orch Busser
Estampe No. 1 - Pagodes - orch Caplet & Busser
Estampe No. 2 - La soiree dans Grenade - orch Caplet & Busser
Symphonie in B minor - orch T Finno
Fantasie for piano and orchestra
Deux Danses for harp & strings
Rhapsody for clarinet & piano (or orchestra), L. 116 'Premiere rapsodie'
Rhapsody for alto saxophone & piano (or orchestra), L. 98

Orchestre National de Lyon / Jun Markl, conductor

Recorded: 2007-2011

This collection contains all Debussy’s works for orchestra as well as many orchestral arrangements of his piano music. Together these display a rich panorama of Debussian sound and a remarkable insight into the composer. Established arrangements by Debussy’s contemporaries, including Ravel and Caplet, are complemented by more recent arrangements from composers such as Colin Matthews and Robin Holloway. The conductor Jun Markl believes that Debussy ‘set up a model of orchestration for the rest of the twentieth century’ and it is with this conviction that he draws from the Orchestre National de Lyon such ‘world-class playing’. ( NAXOS )

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
これは素晴らしいセットですね!記念年の目...

投稿日:2012/08/12 (日)

これは素晴らしいセットですね!記念年の目玉でしょう。有名曲から始まって、普段あまり聴かないような曲をひとつひとつ聴いていくのは本当に楽しいですねえ。またwbさんが仰っているように編曲もので自分が想像したオーケストレーションとの違いを感じることも大変面白いです。

fuka さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
準・メルクル&リヨン国立管弦楽団が非常に...

投稿日:2012/05/08 (火)

準・メルクル&リヨン国立管弦楽団が非常に素晴らしい仕事をしてくれたと思う。コリン・マシューズの管弦楽版「前奏曲集」第1集&第2集は非常に興味深い内容で、是非一聴することをお勧めします。これはマリウス・コンスタンスの『夜のガスパール』には及ばない気はしますが、極めて貴重な仕事だと言えるでしょう。この他、編曲ものの充実振りは見事で、徹底した包括性への拘りは他の追随を許さない内容です。生誕150年を記念に相応しい録音の登場を歓迎します。マルティノン&フランス国立管やデュトワ&モントリオールで同様の企画があったら、面白かったであろうと思わせる内容です。

Hecotr さん | 埼玉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
普通のドイツロマン派音楽ではあまり印象に...

投稿日:2012/03/20 (火)

普通のドイツロマン派音楽ではあまり印象に残らない準・メルクルだったが、昨年11月、緊急代役でN響定期に登場し、マーラーのリュッケルト歌曲集と4番を振るのを聴いて、その鮮やかな手腕に驚嘆した。オケをマッスではなくソリストの集合体として扱い、それぞれの楽器の響きを巧みに浮き立たせることにかけては、天才的な感性の持ち主。まさしくピリオド・スタイル時代の指揮者だし、この資質はドビュッシーに最適。どの曲もマッスの力で押そうとはせず、「海」の第2楽章など遅めのテンポで、波と戯れながら響きの綾を織りなしてゆく。量感はないがクリアなナクソスの録音とも相性ぴったり。このセットには編曲物が多く含まれているのも目玉で、コリン・マシューズ編の「前奏曲」全24曲などは、ピアノ原曲との聞き比べも楽しい。

村井 翔 さん | 愛知県 | 不明

3

Introduction Individuals/organizations

Individuals/organizations Page

Debussy (1862-1918)

Claude Debussy (born Achille-Claude Debussy) was among the most influential composers of the late nineteenth and early twentieth centuries. His mature compositions, distinctive and appealing, combined modernism and sensuality so successfully that their sheer beauty often obscures their technical innovation. Debussy is considered the founder and leading exponent of musical Impressionism (although h

See More Detailed Profile

Recommend Items