ジョナサン ウォルドマン

Individuals/organizations Page

Tags related to this item

Books

錆と人間 ビール缶から戦艦まで

ジョナサン ウォルドマン

Product Details

Genre
ISBN/Catalogue Number
ISBN 13 : 9784806715214
ISBN 10 : 4806715212
Format
Books
Publisher
Release Date
September/2016
Japan
Co-Writer, Translator, Featured Individuals/organizations
:

Content Description

「最大最凶のデストロイヤー」と言われる錆。金属を加工し利用することで文明を発達させてきた人類にとって、錆は大敵だ。防食技術と自由の女神、ステンレス鋼開発秘話、国防総省と錆との戦い、腐食防止の環境ホルモンのリスクをひたかくしにする缶産業の実態、極寒のアラスカを縦断する石油運搬パイプラインは、産出量の低下も相まって維持管理は重大な問題である。錆という自然の脅威に、めっきを施し、電流を流し、新たな技術と培った経験を武器に立ち向かう人類の戦いを描く。ウォール・ストリート・ジャーナルベストブック・オブ・ザ・イヤー受賞!

目次 : 蔓延する脅威―錆という敵/ 手のかかる貴婦人―自由の女神と錆/ 腐った鉄―錆と人間の歴史/ 錆びない鉄―ステンレス鋼の発明/ 缶詰の科学―錆と環境ホルモン/ インディアナ・ジェーン―錆の美/ 国防総省の錆大使/ 亜鉛めっきの街/ 錆と戦う男たち/ 錆探知ロボット―パイプラインと錆/ 暮らしの中の防錆用品/ 防食工学の未来

【著者紹介】
ジョナサン ウォルドマン : アメリカ、ワシントンD.C.で育つ。ダートマス大学とボストン大学のナイト・センター・フォー・サイエンス・ジャーナリズムで書くことを学び、また近年は、コロラド大学でテッド・スクリップス奨学金を得て環境ジャーナリズムを学んだ。環境・科学ジャーナリストとして、ワシントン・ポスト紙や『アウトサイド』『マックスウィーニーズ』といった雑誌に寄稿しているほか、フォークリフト運転、樹木医、サマーキャンプの監督、ステッカー販売、コックなどの仕事を経験

三木直子 : 東京生まれ。国際基督教大学教養学部語学科卒業。外資系広告代理店のテレビコマーシャル・プロデューサーを経て、1997年に独立。海外のアーティストと日本の企業を結ぶコーディネーターとして活躍するかたわら、テレビ番組の企画、クリエイターのためのワークショップやスピリチュアル・ワークショップなどを手掛ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
  • Masanori Sazuka

    あんまり金属と縁がないから、錆のことって普段それほど気にしていなかった。だが錆は深い。本書にはさまざまな錆と、錆に深く関わった人たちが登場する。防食の帝王・錆大使。錆カメラマン。自由の女神の錆を落とす人。ステンレスをつくった人。そう、錆の話、のように見えていて、錆に関わる人の話だ。
    錆についての最も古い記録は、古代ローマ陸軍の指揮官による憤怒の言葉だった。投石機が腐食して弱くなってしまうのだ。錆の仕組みを理解できなかった当時の人たちは、鉄の力に限界を与えるための罰である、なんていう風に考えたりしていた。
    錆に関心が強くなかった僕だから、この本で結構錆の知識も手に入れられたかな、と思うけど、先に書いたように主役は錆でなくて錆マニアだ。故に錆に関する記述は、分厚い本の割には多くないように思う。錆のことを詳しく知りたい人は別を当たったほうが良い。
    「防食っていうのはセクシーじゃないからね」なんていうセリフが出てくるような本だから(褒めてる)。

Recommend Items