CD 輸入盤

Traffic -Remaster

Traffic (トラフィック)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
5464982
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1968
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Chris Wood(Flute),  Chris Wood(Sax (Soprano)),  Chris Wood(Sax (Tenor)),  Dave Mason(Guitar),  Dave Mason(Guitar (Acoustic)),  Dave Mason(Organ),  Dave Mason(Vocals),  Jim Capaldi(Drums),  Jim Capaldi(Percussion),  Jim Capaldi(Vocals),  Steve Winwood(Guitar),  Steve Winwood(Guitar (Bass)),  Steve Winwood(Organ),  Steve Winwood(Piano),  Steve Winwood(Vocals),  Chris Wood(Bells),  Dave Mason(Harmonica),  Steve Winwood(Guitar (Rhythm)),  Steve Winwood(Multi Instruments),  Steve Winwood(Harpsichord),  Brian Humphries(Engineer),  Eddie Kramer(Engineer),  Glyn Johns(Engineer),  Jimmy Miller(Producer),  Terry Brown(Engineer),  Chris Wood(Composer),  Dave Mason(Composer),  Gered Mankowitz(Photography),  Jim Capaldi(Composer),  Jim Capaldi(Design),  Jimmy Miller(Composer),  Jimmy Miller(Liner Notes),  Larry Fallon(Composer),  Richard Polak(Photography),  Steve Winwood(Composer)

商品説明

1968年発表、トラフィックの2作目で、ファンキーなイナタさの出たフォーク/ロック的作品。前作『ミスター・ファンタジー』が多分に時代性を反映した名作だとしたら、こちらはスティーヴィー本来の持ち味が出た名作と言えよう。後にアメリカで大活躍するデイヴ・メイソンの大らかな叙情性のようなものと、ウィンウッドのソウルフルなR&Bテイスト+ブリティッシュとしか言いようのない機微が加わった独特のサウンドには、例えば90年代に入ってからのポール・ウェラーに大きな示唆を与えたようなオリジナリティが有る。

収録曲   

  • 01. You Can All Join In (03:38)
  • 02. Pearly Queen (04:19)
  • 03. Don't Be Sad (03:23)
  • 04. Who Knows What Tomorrow May Bring (03:13)
  • 05. Feelin' Alright (04:19)
  • 06. Vagabond Virgin (05:22)
  • 07. Forty Thousand Headmen (03:14)
  • 08. Cryin' to Be Heard (05:32)
  • 09. No Time to Live (05:02)
  • 10. Means to an End (02:40)
  • 11. Here We Go 'Round the Mulberry Bush (02:45)
  • 12. Am I What I Was or Am I What I Am (02:36)
  • 13. Withering Tree (02:57)
  • 14. Medicated Goo (03:39)
  • 15. Shanghai Noodle Factory (05:03)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
DAVE MASONは、トラック4,7,9に全く参加し...

投稿日:2017/06/10 (土)

DAVE MASONは、トラック4,7,9に全く参加していません。DAVE MASONがこのアルバムでエレクトリックリードギターを弾いている曲は、トラック3の「DON’T BE SAD」のみです。トラック1,2,10のかっこいいリードギターは、もちろんSTEVE WINWOODが弾いています。疑う方は、当時ユナイテッドアーティストから発売されたこのLPの米国オリジナル盤のライナーを参照してください。余談ですが、LP「BLIND FAIH」のトラック1、2のリードギターは, 左チャンネルが、クラプトンで、右チャンネルのギターは、ウィンウッドです。日本では、ウィンウッドは、ボーカル、キーボードプレーヤーのイメージが、強いですが、クラプトンに、決して引けを取らないギタリストでもあります。またベースギターも上手い。「STEVE WINWOODでなくてDAVE MAISONのバンド?????」冗談でしょ!

telstar さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
8はデイブの傑作。ウインウッドのバンドで...

投稿日:2006/11/10 (金)

8はデイブの傑作。ウインウッドのバンドであるのが定説になっているが、馬鹿を言っちゃいけない。デイブ。メイスンのバンドである。

パラライド さん | 狛江 | 不明

0
★
★
★
★
☆
このシーブーイ格好良さに痺れまくっている...

投稿日:2006/02/14 (火)

このシーブーイ格好良さに痺れまくっている。真っ黒グロなR&Bを見事に消化した本作はデイブメイソンが怪人ぶりを発揮し、スティーブを凌ぐ勢い。今更に彼らが60年代のロックシーンに与えた影響力の凄さを思い知らされる。聞けば聴くほどこの格好良さが身にしみる。ミュージシャンズミュージシャンとは彼らのことを言う。

Mr. Fantasy さん | 千葉県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Traffic

Though it ultimately must be considered an interim vehicle for singer/songwriter/keyboardist/guitarist Steve Winwood, Traffic was a successful group that followed its own individual course through the rock music scene of the late '60s and early '70s. Beginning in the psychedelic year of 1967 and influenced by the Beatles, the band turned out eclectic pop singles in its native Great Britain, though

プロフィール詳細へ

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品