CD 輸入盤

Back To Oakland

Tower Of Power (タワー・オブ・パワー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
7599.27279
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1974
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Ali Thompson(Vocals),  Bruce Conte(Guitar),  Bud Shank(Flute),  Bud Shank(Sax (Alto)),  Chester Thompson(Organ),  Chester Thompson(Piano),  Chester Thompson(Synthesizer),  David Garibaldi(Drums),  Emilio Castillo(Sax (Tenor)),  Francis "Rocco" Prestia(Bass),  Frank Rosolino(Trombone),  Greg Adams(Trumpet),  Kell Houston(Trombone),  Lenny Pickett(Flute),  Lenny Pickett(Sax (Alto)),  Lenny Pickett(Sax (Baritone)),  Lenny Pickett(Sax (Bass)),  Lenny Pickett(Sax (Soprano)),  Lenny Pickett(Sax (Tenor)),  Lenny Williams(Vocals),  Marilyn Scott(Vocals),  Mic Gillette(Trombone),  Mic Gillette(Trumpet),  Ray Guilette(Trombone),  Stephen "Doc" Kupka(Sax (Baritone)),  Stephen Kupka(Sax (Baritone)),  Thomas Shepard(Trombone),  Tommy Shepard(Trombone),  Alice Thompson(Vocals (Background)),  Brent Byars(Conga),  Bruce Conte(Vocals (Background)),  Bud Shank(Flute (Alto)),  Chester Thompson(Clavinet),  Chester Thompson(Vocals (Background)),  David Duke(French Horn),  Emilio Castillo(Vocals (Background)),  Greg Adams(Bells),  Greg Adams(Flugelhorn),  Greg Adams(Strings),  Greg Adams(Vocals (Background)),  Lenny Pickett(Flute (Alto)),  Marilyn Scott(Vocals (Background)),  Mic Gillette(Flugelhorn),  Mic Gillette(Trombone (Bass)),  Mic Gillette(Vocals (Background)),  Pepper Watkins(Vocals (Background)),  Richard Perissi(French Horn),  Stephen "Doc" Kupka(Vocals (Background)),  Stephen Kupka(Vocals (Background)),  Vincent DeRosa(French Horn),  Bud Shank(Piccolo),  Lenny Pickett(Piccolo),  Stephen "Doc" Kupka(Horn (English)),  Stephen Kupka(Horn (English)),  Greg Adams(Arranger),  Jim Gaines(Engineer),  Tower Of Power(Producer),  Bruce Steinberg(Art Direction),  Bruce Steinberg(Cover Design),  Bruce Steinberg(Photography),  Greg Adams(Conductor),  Harry Betts(Conductor)

商品説明

ファンク、ジャズ色を強めたTOP絶頂期の’74年に発表された通算4枚目となる代表的傑作。レニー・ウィリアムズのソウルフルなヴォーカルが冴える「Don't Change Horses」、アーバン・テイストの「Time Will Tell」等、自慢のブラス・セクションも最高のノリを見せる。

収録曲   

  • 01. Oakland Stroke
  • 02. Don't Change Horses (In The Middle Of A Stream) (04:28)
  • 03. Just When We Start Makin' It (06:30)
  • 04. Can't You See (You Doin' Me Wrong) (03:00)
  • 05. Squib Cakes (07:49)
  • 06. Time Will Tell (03:11)
  • 07. Man From The Past (04:00)
  • 08. Love's Been Gone So Long (04:47)
  • 09. I Got The Chop (02:59)
  • 10. Below Us, All The City Lights (04:20)
  • 11. Oakland Stroke (01:08)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
いやもうこいつは最高な内容なんだよ本当に...

投稿日:2013/08/08 (木)

いやもうこいつは最高な内容なんだよ本当に。 ファンク好きなら必聴。強烈なリズムが聴けるぜ。 しかしこのドラムのフィルの上っ面だけ真似たって、この強靭なグルーブは生まれねぇぜ〜。

みちくさ さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
ホーン部隊最強軍団、ホーンセクションの有るところ彼...

投稿日:2006/06/24 (土)

ホーン部隊最強軍団、ホーンセクションの有るところ彼等の影あり。これはファンキーて言わずなんという!

ランブル さん | 福島県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ドラム、ベースのリズム隊は最高によく、また装飾...

投稿日:2006/03/11 (土)

ドラム、ベースのリズム隊は最高によく、また装飾的に鳴らされていたフォーン隊が段々と大きくなっていくあたり等がかっこいい。ファンクのもつ躍動感が心地よい。

グリーン さん | 千葉県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Tower Of Power

1968年、カリフォルニア州オークランドで結成された白人黒人の混成ファンク・バンド。 エミリオ・カスティーヨ(Tenor Sax)を中心にスティーヴ・クプカ(Baritone Sax)、グレッグ・アダムス(Trumpet)、フランシス・プレスティア(B)、デヴィッド・ガルバルディ(Dr)などのメンバーで構成。 1970年ジミ・ヘンドリックスの前座としてフィルモアに出演後、ビル・グレアムのレーベルか

プロフィール詳細へ

Tower Of Powerに関連する商品情報

  • タワー・オブ・パワー1975年ライヴがCD化 今なお現役のレジェンダリー・ファンク・バンド=タワー・オブ・パワー1975年ニューヨークでのライヴ音源が2枚組みでCD化 HMV&BOOKS online|2015年11月4日(水)
  • タワー・オブ・パワー、未発表ライブ音源 『山下達郎サンデー・ソングブック』で絶賛!オークランドの白人黒人の混成ファンク・バンド、TOPが全盛期の74年に行ったスタジオ・ライブの模様を収録!レニー・ウィリアムスがヴォーカル! HMV&BOOKS online|2014年2月17日(月)

ソウル/ファンク に関連する商品情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品