LPレコード 輸入盤

Pulse (2018年リマスター仕様/4枚組/180グラム重量盤レコード)

Pink Floyd (ピンク・フロイド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88875184331
組み枚数
:
4
レーベル
:
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
限定盤, ライブ盤,輸入盤

商品説明

Pink Floyd 1995年発売『Pulse』の4枚組アナログ盤ボックス2018年最新リマスター

1995年リリースされ、全米、全英ともに1位を獲得した大ヒットライヴアルバム。アメリカ、ヨーロッパを回る77都市、110回の公演で300万人以上を動員し、「史上最大の光と音のスペクタクルショー」として今や伝説として語り継がれる、1994年のディヴィジョン・ベル・ツアーの演奏を収録。アルバムの目玉となるのは、1973年のアルバム『狂気』の完全再現演奏。ジェームズ・ガスリー、ジョエル・プラント、バーニー・グランドマンによる2018年最新リマスター。
180g 重量盤。
52ページ ハードバック・フォトブック付。
(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

ディスク   1

SIDE A

  • 01. Shine On You Crazy Diamond (Parts 1-5, 7)
  • 02. Astronomy Domine
  • 03. What Do You Want From Me

SIDE B

  • 04. Learning To Fly
  • 05. Keep Talking
  • 06. Coming Back To Life

ディスク   2

SIDE A

  • 01. Hey You
  • 02. A Great Day For Freedom
  • 03. Sorrow

SIDE B

  • 04. High Hopes
  • 05. Another Brick In The Wall (Part Two)
  • 06. Coming Back To Life

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ピンクフロイドが好きというよりは、デヴィ...

投稿日:2016/01/17 (日)

ピンクフロイドが好きというよりは、デヴィッド・ギルモアのギターが何んともいえず素晴らしいからかな? 本当に良いギタリストだと思う。泣きのフレーズは一番かも? このLIVEのコンフォタブリー・ナンのギターソロは最高! 聴いてて、彼の独特な世界に引き込まれる。 クレイジーダイヤモンドも最高!泣きのフレーズがピカイチだね。 これは、ロックギターソロの中でも、ベストの部類に入るだろう! ローリング・ストーン誌のギタリスト番付では、16位といのがおかしい。 TOP10上位に入ってもおかしくない素晴らしいギタリストだ。 何んとも言えない世界観をもったギタリストだね! 曲によっては、クラプトンやジェフベックより良いギターフレーズを弾くね。 本当に素晴らしいの一言だね!

pekopapa さん | 埼玉県 | 不明

5
★
★
★
★
★
“Shine On〜”から始まって、”A Momentar...

投稿日:2012/10/15 (月)

“Shine On〜”から始まって、”A Momentary〜”と”Division Bell”からの曲がいくつか入ってFull Versionの”The Dark Side〜”が収録され、さらにお決まりの”Comfortably Numb”と”Run Like Hell”で締め括るという、当時のLiveとしてはベストの選曲と思います。DVDでも出ていますが音だけで聴くPink Floydは最高です。サポートメンバーも加わり、音に重厚感を感じます。

岡っ引きお化け さん | 静岡県 | 不明

3
★
★
★
★
☆
点滅ライト付の盤が最初に出た時は、狂気を...

投稿日:2008/02/29 (金)

点滅ライト付の盤が最初に出た時は、狂気を全曲ライブで演奏したというので、狂喜して買いましたっけ。ギルモアズ・フロイドですが、音としても良かったし、最近出たDVDも素晴らしかったですね。今となっては、BGM的な要素が濃くなっていてどうかと思うときもあるけど、それが彼らの生きる道、かな?

シンド・バレット さん | 埼玉県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Pink Floyd

ピンク・フロイドといえばキング・クリムゾン、イエス、ジェネシス 、EL&Pなどと並んでUKプログレッシヴ・ロックの黄金期を築いたバンドであることはいうまでもないが、最近ならばレディオヘッドなどに代表されるどこか陰鬱な部分を持ったUKロックバンドを例える際に、必ずといっていいほど名前が用いられるのもまたピンク・フロイドである。

プロフィール詳細へ

Pink Floydに関連する商品情報

おすすめの商品