CD

Waltz For Debby +6

Monica Zetterlund / Bill Evans (モニカゼッテルンド*モニカセッテルンド*ビルエヴァンス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCU5036
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ビル・エヴァンスはスコット・ラファロ亡き後のこの時代は、チャック・イスラエル(b)ラリー・バンカー(ds)とのトリオを組んでいた頃である意味で「谷間」の時代であった。このトリオの作品としては『“ライブ”〜ラウンド・ミッドナイト』『トリオ‘65』がスタジオ録音として残されており,そのほかヨーロッパでのライブ録音もいくつかCD化されている。そうした意味でこのころのビル・エヴァンスは試行錯誤していた時期で、スタン・ゲッツとのヨーロッパにおけるライブ演奏も残されており、本作はその時期にも重なる。1964年8月エヴァンスは2日にベルギーの有名なコンサート「コンブレイン・ラツール」に出演、10日にデンマークのコペンハーゲンでラジオに出演している。その後も24日のテレビ出演などをこなし、26日にラジオ出演を終えて29日に録音されたとされているのが本作である。(異説もあり)

内容詳細

イスラエル、バンカーと欧州をツアー中だったエヴァンス・トリオとスウェーデンの歌姫モニカによる初レコーディング作品。リリカルなエヴァンスのピアノ・ソロも北欧の独特な雰囲気に満ちている。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
PROBABLY THE BEST LP PRODUCED BY THIS NO...

投稿日:2010/08/29 (日)

PROBABLY THE BEST LP PRODUCED BY THIS NOW DEPARTED ARTIST

BRUMANT さん | UNITED KINGDOM | 不明

0
★
★
★
★
☆
癖のない素直な歌い方に好感が持てる。いか...

投稿日:2007/08/04 (土)

癖のない素直な歌い方に好感が持てる。いかにもヨーロッパの大人の女性という感じだ。何回も聴くにはこういうものの方が飽きが来ないのではないだろうか。ビル・エヴァンスのピアノも聴けるし。それよりも4曲もあるスウェーデン語の歌詞の曲(表題作も)に対して解説の評論家がほとんど無知なことに呆れた。これでは素人同然だ。その歌詞もスウェーデン語のものだけ。誰が分かるの?佳曲ばかりなので評論家の駄文の代わりに日本語訳を載せるのがメーカーの良心だろう。

ムーミン・パパ さん | 盛岡市 | 不明

1
★
★
☆
☆
☆
このアルバムは正直に言ってあまり評価でき...

投稿日:2007/02/01 (木)

このアルバムは正直に言ってあまり評価できない。何が良いのか分らない。レコード会社にお願いしたいのは、70年代の傑作「Chicken Feathers」をCD化してほしい、ということ。 これが言いたくて投稿した。 切なる願いである。

NOBO さん | 東京都町田市 | 不明

0

ジャズヴォーカル に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品