CD 輸入盤

Clap Hands Here Comes Charlie

Ella Fitzgerald (エラ・フィッツジェラルド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
835646
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1961
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. Night in Tunisia (04:06)
  • 02. You're My Thrill (03:35)
  • 03. My Reverie (03:16)
  • 04. Stella by Starlight (03:17)
  • 05. 'Round Midnight (03:28)
  • 06. Jersey Bounce (03:33)
  • 07. Signing Off (03:45)
  • 08. Cry Me a River (04:13)
  • 09. This Year's Kisses (02:14)
  • 10. Good Morning Heartache (04:17)
  • 11. Born to Be Blue, (I Was) (02:42)
  • 12. Clap Hands, Here Comes Charlie! (02:41)
  • 13. Spring Can Really Hang You up the Most (06:13)
  • 14. Music Goes 'Round and Around (02:27)
  • 15. One I Love Belongs to Somebody Else, The - (previously unreleased, bonus track) (02:12)
  • 16. I Got a Guy - (previously unreleased, bonus track) (03:43)
  • 17. This Could Be the Start of Something Big - (previously unreleased, bonus track) (02:43)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Ella Fitzgerald

 エラ・フィッツジェラルドの声の魅力は、張りのある高音とスキャットになったときに、搾り出すように歌う独特のグルーヴ感、そして、何よりステージでの清々しいまでの爽やかさである。どこか隣のお店のオバチャンが歌う、そんな安心感と、歌い始めたときの素晴らしくスピードに乗ったスイング感は御三家随一だ。若くしてビッグバンドの女性リーダーとして責任を持ったエラは、どこか安定感では一番だった。ヴォーカル御三家の中

プロフィール詳細へ

Ella Fitzgeraldに関連する商品情報

ジャズヴォーカル に関連する商品情報

おすすめの商品