CD 輸入盤

Last Time Around

Buffalo Springfield (バッファロースプリングフィールド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
90393
組み枚数
:
1
レーベル
:
Wea
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1968
フォーマット
:
CD
その他
:
リマスター,輸入盤

商品説明

既にバッファローが解散した後、'68年に発表されたラスト・アルバム。オクラだった曲ストックとそれぞれのソロ・セッションを纏めたものだが、それにしては魅力ある作品に仕上がっている。バンドとしての一体感などは望むべくもないが、スティルス作のM3、M4、M6、M11(後のマナサスにも繋がるラテン・フレイヴァーが)、ニール・ヤング作M1、M9、リッチー・フューレイM10、M12など、その後の活動を思い浮かべながら聴くと興味深いし、楽曲自体としても聴きどころ充分で楽しめる。

収録曲   

  • 01. On the Way Home (02:25)
  • 02. It's So Hard to Wait (02:03)
  • 03. Pretty Girl Why (02:24)
  • 04. Four Days Gone (02:53)
  • 05. Carefree Country Day (02:35)
  • 06. Special Care (03:30)
  • 07. Hour of Not Quite Rain, The (03:45)
  • 08. Questions (02:52)
  • 09. I Am a Child (02:15)
  • 10. Merry-Go-Round (02:02)
  • 11. Uno Mundo (02:00)
  • 12. Kind Woman (04:10)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
「俺は子供」だけ聴いてちゃいかんぜ(好き...

投稿日:2005/08/26 (金)

「俺は子供」だけ聴いてちゃいかんぜ(好きだけど)。M1が一番好きです。ソフトロックって言っちゃってもよくないすか?♪ウゥフ〜♪

たくろう さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
短命に終わるべく生まれたようなグループな...

投稿日:2001/08/22 (水)

短命に終わるべく生まれたようなグループなのか?どのアルバムを聴いても曲ごとに作ったアーティストが丸出しになる不思議なバンド、否ユニットといった方がいいか。このアルバムもそうだが、今回はプロデュースのジムのせいかポコに繋がる臭いがプンプン、でも各人負けじと

タック さん | 富士見市 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Buffalo Springfield

約2年という非常に短い期間の活動にも関わらず、メンバーのその後の活躍によって後に高い評価を受けるようになったバッファロー・スプリングフィールド。フォーク/ルーツ音楽に対する独自のアプローチをとりつつサイケデリックの時代にも対応したユニークなサウンドを展開した。日本ではあのはっぴいえんどのフェイヴァリットとして知られることになった、というのは有名な話だ。

プロフィール詳細へ

Buffalo Springfieldに関連する商品情報

おすすめの商品