CD 輸入盤

ヒナステラ:エスタンシア、バルトーク:ルーマニア民俗舞曲、ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ、他 エクリッセ四重奏団(ギター四重奏)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
AV170515
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ギター四重奏で聴く超絶技巧のマランボ

ダンスは、多くの作曲家のインスピレーションの源であり、特にギターはそのダンスの音楽でも重要な役割を担っています。アルゼンチン、スペイン・・・、様々な地域のダンスに起源にもつ音楽をギターで演奏しています。ヒナステラのエスタンシアの終曲『マランボ』はドゥダメルもよく取り上げる作品ですが、雰囲気たっぷりでオケに負けず劣らず盛り上がります。さらに、エクリッセ四重奏団に捧げられたベッハとアサドの作品も収録した、充実の1枚です。(輸入元情報)

【収録情報】
● カロル・ベッファ[1973-]:大気現象
● バルトーク:ルーマニア民俗舞曲(編曲:エクリッセ四重奏団)
● トゥリーナ:幻想舞曲集(編曲:エクリッセ四重奏団)
● セルジオ・アサド:One 4 all 4 ond
● ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ(編曲:エクリッセ四重奏団)
● ヒナステラ:エスタンシア(編曲:エクリッセ四重奏団)


 エクリッセ四重奏団(ギター四重奏)
  ガブリエル・ビアンコ、アルカイツ・シャンボネ、ピエール・ルリエヴル、バンジャマン・ヴァレット

 録音時期:2016年12月19-21日
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
エクリッセ・クァルテットが何をしたいのか...

投稿日:2018/03/25 (日)

エクリッセ・クァルテットが何をしたいのかよく分かる ギター四挺のアンサンブルは和して沈着だ バルトークとラヴェルは箸休めと見た ベッファ トゥリーナ アサド ヒナステラに着目している リズムの響宴を展開するにギターの薄い胴体を叩きもする 爪弾くだけで思いの丈を晴らすことはできない ダンスするギターとはいえ表現の幅は驚くほど広い ギターはこうも楽しい楽器だったのか そしてかくも繊細な物言いをする楽器だった オリジナルもアレンジもその境なく歌い踊る 時の過ぎゆくのも忘れて興じた童心に還っている 一挺では起こりえないエモーションの高まりは無窮動の揺籃の中に揺られているようだ 刺激と快感は美しいリズムで統御されている 統一の中の熱狂を朋と味わおう あなたも如何    

風信子 さん | 茨城県 | 不明

0

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品