小沼ようすけ / 宮本貴奈

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD

Voyage

小沼ようすけ / 宮本貴奈

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
DDCZ1911
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

八面六臂の活躍でジャズギタリストとして今最も多忙を極める“小沼ようすけ”と、長い海外活動から帰国し話題沸騰中のジャズピアニスト“宮本貴奈”。日本のジャズ・シーンで今最も注目を集める話題の二人が2012年よりデュオとして活動を開始。 アコースティックな響きの中に漂うジャズ・エッセンス。その心地よいオーガニックなサウンドに誰もが心癒されること必至。

2001年に『nu jazz』で華々しくデビューを果たした“小沼ようすけ”。現在までに8枚のアルバムをリリースし、自身のソロ活動以外にも様々なアーティストへのゲスト参加など、ジャズ界にとどまらない幅広い活躍を見せている。またアクアピットのギタリストとしても活動し、ソウルやR&Bの影響を受けたグルーヴ感溢れる独自のジャズを作り上げている。

海外での活躍で広く知られる“宮本貴奈”は、今までに約25カ国で活動、ピアニストとしてだけではなく作・編曲家/サウンドプロデューサーとしても数多くの著名アーティストたちと共演を果たしており、日本ではTOKUのプロデューサーとして知られている。2013年に『On My Way』で日本CDデビューを果たし、18年ぶりに日本での活動を開始したばかり。 この二人のサウンドが見事に溶け合い、ギターとピアノのデュオに新たな可能性を切り拓いている。その瑞々しいサウンドは、聴く人の心に様々な風景を想起させる…。

内容詳細

TOKUが架け橋となって出会った二人が、辿りついた境地を共有して制作したデュオ・アルバム。ジョン・ヒックスの知る人ぞ知る作品、北欧の感性を伝えるラーシュ・ダニエルソンの作品と、選曲も光る。ぞくっとするように光り輝く宮本のピアノの煌めき、ギターに正対して向かい合った小沼の響き。★(瀧)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

モダンジャズ に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品