CD 輸入盤

シェリング最初期録音集

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
EZCD012
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

シェリング最初期録音集

シェリングは人気の高いヴァイオリニストであり、遺した録音も数多いです。その真摯な演奏スタイルが万人の心を掴んで離さないのは周知の事実で、それを多くの録音から聴くことができます。ですが、それは1950年代後半からのレコーディングであり、1950年代前半のシェリングを聴く機会はごく稀です。当CDはシェリングが30歳代のはじめの録音で、後年のシェリングの芸風とのギャップに驚かされます。我々が持つ「折目正しい」シェリングのイメージを払拭する、この若き日の自由奔放な演奏には驚きを禁じえません。「レコード芸術」誌 準推薦盤(EINSATZ RECORDS)

【収録情報】
シェリング最初期録音集
1. ヴィエニャフスキ:スケルツォ・タランテラ
2. チャイコフスキー:感傷的なワルツ
3. ドヴォルザーク(クライスラー編):スラヴ舞曲第1番
4. R.コルサコフ:熊蜂の飛行
5. ノヴァチェク:常動曲
6. ヴァーレ(ハイフェッツ編):焚火のそばで
7. モンポウ:子供の情景
8. ロカテルリ:ラビリンス
9. ガーシュイン:前奏曲
10. ロロン:メキシコ舞曲
11. ファリャ(コハニスキ編):スペイン民謡組曲〜ムーア人の織物
12. ファリャ(コハニスキ編):スペイン民謡組曲〜ホタ
13. ヴィターリ:シャコンヌ
14. タルティーニ:コレルリの主題による変奏曲
15. クライスラー:グラーヴェ
16. ヴィエニャフスキ:スケルツォ・タランテラ
17. パガニーニ:カプリース第24番
 ヘンリク・シェリング(ヴァイオリン)
 マドレーヌ・ベルトリエ(ピアノ)
 タッソー・ヤノプーロ(ピアノ)
 録音:1950年代初頭
 原盤:仏PACIFIC LDP-M50/仏ODEON OD-1008

収録曲   

  • 01. Scherzo-Tarantelle
  • 02. Valse Sentimentale
  • 03. Slavonic Dance No.1
  • 04. Flight Of The Bumblebee
  • 05. Perpetuum Mobile
  • 06. Ao Pe Da Fogueira
  • 07. Scene D'enfant
  • 08. Labyrinthe
  • 09. Prelude
  • 10. Danza Mexicana
  • 11. Le Drap Mauresque
  • 12. Jota
  • 13. Chaconne In G Minor
  • 14. Variations On A Theme By Corelli
  • 15. Grave
  • 16. Scherzo-Tarantelle
  • 17. Caprice No.24

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
まず、高音域の音が、硬く、薄いのが痛い。...

投稿日:2007/12/03 (月)

まず、高音域の音が、硬く、薄いのが痛い。(ただし、それは盤質か録音のせいで、非難するにはあたらない。)加えて、演奏は、ティボーの影響とシェリング本来の個性が偏在し、まだ十分に融けあっていない。技術的にも、まだ、練度の足りない部分がある。と、欠点ばかり書いたが、聴いた後の感銘度は、ティボーやクライスラーの小品集を聴いたそれに肉薄する。本当のヴァイオリン好きなら、二、三曲も聴くと、足ががくがく震え出し、「天才だ」と叫ぶ。これはそんなたぐいのものである。 ただし、聴き手を選ぶ。

鯖太郎 さん | 大阪 | 不明

1

器楽曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品