ペッタション=ベリエル(1867-1942)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ペテション=ベリエル:『フレセの花』 小川典子(P)

ペッタション=ベリエル(1867-1942)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BIS925
組み枚数
:
1
レーベル
:
Bis
:
Sweden
フォーマット
:
CD

商品説明

ペテション=ベリエル《フレセの花》
小川典子(P)

舌鋒鋭い批評家としても活躍していたペテション=ベリエルは、後期ロマン派に属する北欧の作曲家ですが、同世代のシベリウスすら攻撃の対象にしたというだけあって、その作風はきわめてオーソドックスで聴きやすいものです。
 当アルバムに収められたピアノ曲集《フレセの花》も、詩情豊かに美しいロマンティシズムの匂う作品であり小川典子の選曲センスの良さを窺わせる内容となっています

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Jon Leifs (1899 - 1968)
    Concerto for Organ, Op. 7
    演奏者 :
    Solbergsson, Bjorn Steinar (Organ)
    指揮者 :
    Shao, En
    楽団  :
    Iceland Symphony Orchestra
    • 時代 : 20th Century
    • 形式 : Concerto
    • 作曲/編集場所 : , Iceland
    • 言語 :
    • 時間 : 19:51
    • 録音場所 : 02/1999, Hallgrim's Church, Reykjavik, Iceland [Studio]
  • Jon Leifs (1899 - 1968)
    Variations on a Theme of Beethoven, Op. 8
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : 20th Century
    • 形式 : Theme / Variations
    • 作曲/編集場所 : ,
    • 言語 :
    • 時間 : 11:35
    • 録音場所 : 02/1999, Hallgrim's Church, Reykjavik, Iceland [Studio]

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
特に第1曲目の曲想が忘れらません。一見(...

投稿日:2010/12/27 (月)

特に第1曲目の曲想が忘れらません。一見(一聴?)ありふれた曲ですが、山の澄みきった空気のように爽やかで印象的。他の曲も新鮮な感じで佳曲揃いと思います。

テリーヌ さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
あるコンサートのサイン会で小川典子が「こ...

投稿日:2001/06/18 (月)

あるコンサートのサイン会で小川典子が「これ癒し系ですよ」と言っていた。たしかに癒し系でもあるが、しかし小川典子は何を弾いても深くシリアスな抒情を感じさせるピアニストだ。その辺の安手の「癒し系」とは次元が違う。ぜひお薦めしたい。

アリス さん | 東京都 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ペッタション=ベリエル(1867-1942)

Esteemed during his lifetime but relegated to the tertiary ranks of music figures thereafter, Wilhelm Peterson-Berger was a significant Swedish composer and critic in the early decades of the twentieth century. He studied organ and composition at the Stockholm Conservatory (1886-1889), then traveled to Dresden for further instruction in composition and orchestration. He returned to Sweden in 1890

プロフィール詳細へ

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品